笑の効用 Ⅰ

 私共の会社は朝礼で笑いの練習を行なっていますので、効果、効用について

書きたいと思います。

 先日の産經新聞にアマチュアレスリングで銅メダルに輝いた浜口京子さんの

父、京子気合いだ気合いだで有名な元プロレスラーアニマル浜口さんの記事が

掲載されていましたので紹介します。

 タイトルは重傷もリハビリ半年、復帰 笑いと気合 困難を越えるです。

気合と笑いは家族全員でぶつかったレスリング。原点をたどれば自身が試合中

に負った大けがらしい。

 35年前の試合でブレーンバスターをかけられリングに叩き付けられ、仰向

に横たわり身体が一切動かず無感覚になり「すべてが終わった」と頭を駆け巡っ

たと思い診断結果は頸椎損傷の疑いとされたが”復活”を年頭にリハビリに集中、

リングに帰れ 私は運が良かった。生命力もあった。思えばあの怪我が私の気合

と笑いの原点になったと氏は言う。リハビリの間ひたすら書物を読み「エベレス

トの頂上、その雲上超人たれ」「人間は命がけ、死に物狂いでやったらなんでも

できる」等々集中力を養う言葉はすべて書き込んだと言う。

氏は浜口京子さんがアテネ五輪で銅メダルに輝いた時に肩車をして、次の大会「

北京 北京」と笑顔で走り回った後娘へ余分な期待を抱かせ心身を壊すのではな

いかと案じ、矛盾と喪失感を感じ、緊張を解放する為に生まれた呼吸法が「笑い

」だとなり、全身にリズムを取りワッハハ、ワッハハと笑う。集中と緊張が一気

に解放され内蔵から暖められると言う。

 「超えられない困難は無い」と35年前の怪我の日からずっと感じるらしく、

リング上で目を開いたまま 身動き出来なかったあの日。右半身の違和感がぬぐ

えなかったリハビリの日々。肉体と心を合わせ、ミスも成功も気合と笑いで次ぎ

に生かす。 

 この笑いの呼吸法を広く伝え200年生きるつもりと言う。
IMG_4915.jpg


スポンサーサイト

「アナログ」で純粋な思い

 タイトルは10月30日産經新聞文化欄で掲載されたビートたけしさんの

タイトルです。ビートたけしさんは失礼ながらファンでもなくあまり興味も

持たないのですが、表題のみが私と同じ思いなので読んでみた。

「おれはスマートフォンとか嫌いなのね。あれは世界中の人に『手錠をかけ

た』と思っているわけ。行動が規制された気がしてね。・・・・・・・・・

なるほど私はスマートフォンを手放さないが、位置情報、ライン、FB、その

他色々な利用の為必要だが、FBにしても誤解されて批判されたり、変なライ

ンが来たり、私の居場所迄特定されたり・・・設定を知らずにそのままにし

ていると気分が悪いメールが来たりFBのメッセンジャーが来たりする。私は

手錠をかけられた事は無いがビート氏の思いにも共感出来る。


 「映画だとデジタルとオープンセット作ってやるのでは、デジタルのほうほ

うが安いのかもしれない。ただデジタルを多用した映像って、実際できない事

をやっているからどれも似ちゃうんだよね。それはばかばかしいんで、なるた

けアナログでいきたい」と氏は言う。

 何時迄もお笑いのトップにいる秘密を見た思いだ。


 はばからしいが私の会社経営も「デジタルとアナログの融合」だデジタルで

は簡単に真似作品ができるが、右脳を使うアナログはウォーキングの際も、電

車に乗っているときも、自転車に乗っているときも、ふとアイデアが浮かぶ時

がある。

 今年のヒット「うんこ漢字ドリル」の前に発売した私共の商品、母と子のふ

れあいノート「ぬくもり」を発売し、R社の力も借りず、お子様にお母様がク

イズ形式で問題を作り、漢字、英語のスペル問題にも利用され徐々に認知され

て来ているようでありがたい。
ぬくもり 2






ヒルクライム 67歳の挑戦

 10月に67歳を迎え、自分の可能性を確かめたく無謀にもSNIヒルクライムに

挑戦した。標高1700メートル位にある八ヶ岳ロイヤルホテル近辺から天女山迄

約5キロ弱・・・自転車を始めたのが今年の始めでポタリングが殆どで、夏は猛

暑、土日は殆ど出張、練習時間は皆無、大体のコースは把握していたが急な坂坂

坂、こんな坂道なんで俺は走ってる?27段変則のロードバイクのローで初めて使

用、こいでもこいでも前に進まない・・・汗で眼鏡が曇る、異常に水分を欲する

、結構ウォーキングで慣れているつもりだったが全く違う、永年の煙草が抜けて

いないのだろう。無謀な挑戦はわかっていたが沿道で声援してくれる人がいる、

そこだけはニヤリとしながら無理をして走る・・・八ヶ岳はもう秋、大自然に囲

まれ秋の木々が美しい筈なのに正直見る余裕がなかった。早い目のスタートなの

に次々と追い抜かれた・・・とりあえず完走を目指す、何時間走ったか時計を見

る余裕も無かった。自分で自分を貴方は出来る出来る男だ頑張れ頑張れと自分は

神の子だと励ます・・・右折したその時、天女山のゴールがあった。ヤッター俺

は完走したぞと今迄には無いスピードでゴールした。ゼイゼイゼイ今迄に無い息づ

かいだ。でも達成感があり自分で自分を誉め、丈夫に生んでくれた父母に感謝し、

自転車を誘ってくれた仲間に、心底感謝した。ビリに近かったからでしょうか

(笑)トップと同じぐらいの拍手と声援をいただいた。皆さんありがとう充実の

ヒルクライムだった。

人間無限力を感じ、神・自然・人間の一体感を感じた一日であった。

八ヶ岳ありがとう又来年。

秋の八ヶ岳
IMG_4811_convert_20171101203013.jpg

感動のゴール
IMG_4809_convert_20171101202543.jpg

菜園でのサツマイモの収穫

 一度自分で作った物を食べられないかな?

でも土地も無いしと思っていた所に小社の女子社員の実家の土地が空いてます

と聞き今年の初夏、宇治田原町のご実家に訪問し土地を見て即借りる事にしま

した。

某団体との共同作業、何を作るか?一番始め、夏、簡単な物、しょっちゅう手

入れの必要でない食物を考えるとサツマイモでした。

幸いにして井戸水もあるので農作業もやり易く、うってつけの農場です。

畝作りから始め、苗を植える作業から子供達と一緒にすると子供達が汗をかき

ながらどんな芋が出来るんやと話しながら楽しそうに土いじりをしてました。

私の子供の頃は小学校の運動場で米作り、家で葱、玉葱作りとそれなりの農業

体験がありましたが、今のお子さんはゲーム等の仮想空間でアナログ的な農作

業は学校で学ぶでしょうが皆無みたいで新鮮なようでした。

毎週一度は水まきに行きながら無事に収穫出来るように祈りました。

9月末に菜園に行くと、なんと一面の芋づるで少し掘ると立派な芋が三本(笑)

大成功でした。

早速9日の体育の日に皆と収穫です。思ったよりでかいのが出て来て皆が大歓声

で喜び掘り起こしました。メンバーが弁当を作ってくれて美味かった事。

今回の菜園作りで多くの事を学びました。

○農家の皆さんは大変。多少高くても地産地消で。

○農作業で活性化する身体、頭脳。

○安全な食品の接収(オーガニック)

○無駄な物は無い(つるも食べられる)

IMG_4655_convert_20171016112844.jpg


IMG_4654_convert_20171016112810.jpg

FSC 森林認証制度COCの認証を取得

 かねてより環境問題に貢献出来ないかと考えていました。

2017年8月14日

「Forest Stewardship Council(森林管理協議会)」の取得しました。

FSC森林認証とは適切に管理された森林から得た木材であることを認証します。

紙のように木材から作られる製品を取り扱う業者は

この認証を受けないと、製品の証としてのFSCマークを印刷をすることはできません。

FSC森林認証ラベルがついた製品を購入することは、

森林保護を支援することと地球環境への配慮につながります。

弊社ではみなさまから受注したFSC商品を企画・印刷・加工まで責任を持ってお届け出来ます。

ぜひFSC認証紙のご利用をご検討いただきますようお願い致します。

FSC森林認証製品を選択すると

○FSC認証マークが印刷物に入ります。

○企業の社会的責任(CSR)

違法伐採の排除により地球温暖化抑制へ貢献できます。

FSC認証__1


プロフィール

太野垣修二

Author:太野垣修二
創美へようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スパムロボット対策メーラー
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

携帯でもみれます
QR