fc2ブログ

食品ロス問題

sdg_icon_wheel_2_convert_20211008172106.png sdg_icon_sdgs-01_ja_convert_20211008173300.png sdg_icon_02_ja-300x300_convert_20210604102429_convert_20211008173706.png sdg_icon_03_ja-300x300_convert_20210607104623.png
sdg_icon_04_ja-300x300_convert_20210610172602.png sdg_icon_06_ja-300x300_convert_20211008174441.png sdg_icon_07_ja-300x300_convert_20210611172115_convert_20211008174734.png sdg_icon_08_ja-300x300_convert_20211008175239.pngsdg_icon_09_ja-300x300_convert_20211008175505.png sdg_icon_sdgs-10_ja_convert_20211008175901.png sdg_icon_12_ja-300x300_-_コピー_convert_20211008180108 sdg_icon_13_ja-300x300_convert_20211008180510.png sdg_icon_14_ja-300x300_convert_20210624102056_convert_20211008180646.png sdg_icon_15_ja-300x300_convert_20211008180825.png sdg_icon_16_ja-300x300_convert_20211008181012.png sdg_icon_17_ja-300x300_convert_20211008181155.png
SDGsは17の項目からなっています。一つの問題につき紐づけられ考えるのもSDGsかもしれません。
農水省のホームページを見ると結構本気度がみられます。

2021nofoodloss-month_convert_20211008185802.jpg

食品ロス削減法というのが出来たようで、又10月30日が「食品ロス削減の日」と定められたようです。しかしここらが役員らしい、農林水産省のホームページに投稿しても誰も知らない、投稿したら仕事した?そんなような・・・・・
食品ロスとは基本的にはエシカル消費なんです。下記の農水省のチラシ通り

2020month_03_convert_20211008190712.png

少し醜いので農水省のリンクを見直してください。

 さて食品ロスは少し考えただけで沢山あります。スーパー、デパ地下、コンビニ、近頃はドラッグストアまで、これはコロナ禍の問題だけではありません、商店街の売れ残りでもたくさんの売れ残りを処分され、外食産業では毎日業者に廃棄処分を依頼するようです。
 食品ロスとは、食べられるのに捨てられる食品、日本では年間600万トン発生。
600万トンの内半分は家庭から発生しているという。毎日一人茶碗一杯分捨てられている。
「消費期限」過ぎたら食べない方がよい期限。
「賞味期限」おいしく食べられる期限。 いずれもまだ大丈夫。なるべく賞味期限までに食べましょう。
 私の家はよっぽど重いものを買う以外は車で買い物は行きません。夜食事後30分くらいでウォーキング始動です。女房とリュック担いでCO2発生させなくウォーキングで運動にもです。
 賞味期限ありの食品は半額とかシール貼ってます。それも買います。私もオーガニック菜園で野菜つくっているんでお百姓さんの苦労はよくわかります。大地と水とお百姓さんと神様に感謝してリュック担いで帰宅です。
おふくろによく言われました、食べ物残したらあかんで―、ご飯粒残したらお目目つぶれるデーと教わっているので家ではまづ残しません。
 SDGsのアイコンを今日は先頭に羅列していますが、このほとんどが食品ロスが無くなれば大幅に問題が解決します。













スポンサーサイト



第4回 SDGs KYOTO 研究会 日程

SDGs11月案内_convert_20211006152336

 10月、いまだに半袖で仕事してます。地球温暖化を感じざるを得ません。
SDGsのコンセプトは環境、社会、経済から成り立っています。
どれかをないがしろにすると、“”2030年までに誰一人取り残さない”約束を達成できません。
「持続可能な開発」に必要な3要素とは
「将来の世代の欲求を満たしつつ現在の世代の欲求も満足させるような開発」と定義
①経済開発
 経済活動を通じて富や価値を生み出していくこと
社会的包摂
 社会的に弱い人も含め、一人ひとりの人権を尊重する事
③環境保護
 環境を守っていくこと
「持続可能な開発」は、「経済開発」「社会的包摂」「環境保護」の3つをどれも欠くことなく、いかに並び立たせるかを考える。

※第4回の日程は仮と考えてください。改めてお知らせします。
 テキストは株式会社創美の内部資料SSB VOL1 他を考えています。
 オンラインで無料ですが50名様で締め切らせていただきます。

 お申し込みは onogaki@sobi-q.co.jpまでお名前、連絡先と参加希望と書いてe-mailで送ってください。
 追ってパスコード IDを個別にお知らせします。
 この会はみんなでSDGsについて勉強しようとする会です。
 

第3回 KYOTO SDGs研究会終わる

PP_title_convert_20211004092454.jpg

昨日午後二時から第3回 KYOTO SDGs研究会でした。緊急事態宣言終了といえどもオンラインでの研究会です。若い方からご年配まで40名が参加され感謝の気持ちでいっぱいです。
SDGsを知りたい、SDGsを広げたいと思っておられる方がたくさんおられるのを感じました。
どの様な研修会にしたら参加者にあきられないのか、今日は1時間半の限られた時間で何を伝えたらいいのか、全く手探りの状態です。写真は当初SDGsの17のマークの羅列でしたが、今回は「いのちの環」の特集号に九州大学教授、磯辺篤彦博士の記事のタイトルが(海洋プラスチック 永遠のごみの行方)をテキストに使用しましたので待ち受け場面に上記の写真を使用しました。

写真は私がいつも釣りでお世話になっています、京都東舞鶴竜宮浜で晴れた日は絶景で、奥の島が船で30分くらいに浮かぶ冠島ですが、冠島は海を守る神社がありますが人は入れない神聖な場所です。水泳場あれと言えども去年、今年と新型コロナ禍により閉鎖となり、波止場まで一般の乗り入れは禁止となっていました。

若い時を思い出して砂浜で「誰もいない海」「いのちの歌」でも口づさみたくなります。

(京都の先人からSDGsを学ぶ)を主題に私が講演する予定でしたが、海洋プラスチック問題を主にお話しし、参加者に感想意見を言っていただき予定の1時間30分はあっという間に過ぎました。時間の関係でご意見を全員の皆様にお聞きする時間がなく途中で打ち切り申し訳ありませんでした。

又勉強して来月伝えます。

家族だけのカレンダー特別受注会

 会社では毎日、皇室カレンダーの問い合わせがありありがたいことです。
この時期は企業様のカレンダーの印刷製本と追い込みの時期となっています、同じように家族だけのオリジナルカレンダーを数年前に発売しましたが、結婚式、お孫さん、お子さんの写真集等沢山受注をいただき、企業様では社内用のカレンダー、趣味の会ではお茶会、着物の会、絵画の会、自転車の会、釣りの会等、自分達だけの記念として拡販の道具として受注いただいています。
是非ご検討ください。又お気軽にご相談ください。
少部数オリジナルカレンダー
カレンダー

大原三千院 バス停前 喫茶室での会話

IMG_6756.jpg
おんな一人
京都 大原 三千院
恋に疲れた女がひとり
結城に塩瀬の素描の帯が
池の水面にゆれていた
京都 大原 三千院
恋に疲れた女がひとり

京都 栂尾 高山寺
恋に疲れた女がひとり
大島つむぎにつづれ帯が
影を落した石だたみ
京都 栂尾 高山寺
恋に疲れた女がひとり

京都 嵐山 大覚寺
恋に疲れた女がひとり
塩沢がすりに名古屋帯
耳をすませば滝の音
京都 嵐山 大覚寺
恋に疲れた女がひとり
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ディークエィシスが唄った古い歌ですがなんと約50年ぶりに大原三千院に京都バスで小旅行です。
20歳の頃は三千院は福井の三方五湖、日本海の小浜、琵琶湖へ海水浴若しくは釣りで通るだけ
でした。一度は勿論訪問したのは間違いないですが誰と言ったのか、全く記憶がないです。
門前は覚えていますが、バス停から門前迄と境内は変わっていないのに全く覚えていませんでした。
涼しくなってきたのに参道、門前、境内、若いカップルがチラホラ、参道の土産物屋さんもレストラン
も全く人気もなく祝日なのに休んでいるお店も多々ありコロナ禍の恐ろしさを知った思いでした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて一抹の寂しさがありましたが、名物の紫蘇ソフトを頂き大満足。バス停まで行くと目的の地下鉄
国際会館行きまで30分、前の喫茶室で休憩したところ、如何にも賢そうな80位の老人が私はよく
大原に来て詩を書いていますと言われ便箋に達筆な文字を走らせた詩を見せていただき話が弾み
、喫茶室のママさんのお馴染みさんらしく先生と、大学の先生だったようだ。
話を聞いていると親しみがわき、私も私の会社が作ったSDGsの小冊子を先生とママさんに手渡し
SDGsを生意気にも説きました。バスが着て別れ際何年もお付き合いをしているような感じでした。
この喫茶室もまた寄ろう、そんな思い出をつくった一日でした。
小さな旅っていいですね。見知らぬ方とすぐに友人になれる。
プロフィール

太野垣修二

Author:太野垣修二
創美へようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スパムロボット対策メーラー
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

携帯でもみれます
QR