事務所の蛍光灯オールLED化

 事業の柱に環境問題に多少なりとも貢献するため、太陽光発電の勉強会を実施し、印刷

事業ではMCP印刷(マイナスカーボン印刷)を主としインキは印刷インキはベジタブルイ

ンキ(植物性)を使用し用紙は極力環境に配慮したものをお勧めしています。

 又WEB事業部ではLEDライトパネルを始め、環境に配慮したものをお勧めし、自社製品

は京都の歴史を第一とした独自性をもたした商品開発をしてきました。

 しかしながら電気自動車(日産リーフ)を営業用として使用し、エントランスのポスタ

ーをLEDライトパネルにした以外はまだまだ環境に配慮した企業と大きな声で言えない

状態でしたが、ようやく営業本部の蛍光灯はLED化、次は早い時期に太陽光発電の設置

をして真に環境に配慮した企業になりたいと思います。

LED化縮小
スポンサーサイト

メニューボードに、企業の展示会に、LEDライトパネル

 印刷事業を母体として運営して、ポスターデザインの御注文もよくあり関連してWEBSHOPで運営しているLEDライトパネルの販売が好調です。小社も順次社内はLED化していますが環境問題を主に購入されているのと価格だと思いますが、飲食店、医院、遊技場関連の御注文は勿論ですが学校関連の御注文も多くあります。飲食店のメニュー表示に使用されるのが多いようですが、景気の底上げにより企業の合同展示会のブースに設置される事も多々あります。
 私が地方に出張すると一人で夕食をとったり居酒屋で一杯となる時が多いですが、中々知らない土地で知らない町で飛び込みでお店に入るのは勇気がいりますが看板一つで安心感が広がり入る時がよくありますので目立つ看板はありがたいです。(味とかで失敗する時は玉にありますが・・・笑)しかしけばけばしい看板、うさんくさい看板のところはパスするようにしてます。今日のブログは小社の広告になりましたがお許しください。
LEDライトパネル

色づく街

御所の森写真
梨の木神社写真

 11月の中旬にようやく京都の街も色づいてきました。
 今日も府立病院に友人のお見舞いに行き、駐車場は寺町通り御所東を利用しました。
 駐車場をふとみると色づいた落ち葉が散乱してようやく秋が感じられるようになり、駐車場の北側に梨木神社と御所の小路を見ると赤と緑のコントラストがやけに綺麗でした。
 御所の東門から陽気に誘われ入ると北側に御所の森も綺麗に変身しつつありました。
 芝生には犬の同好会か珍しい犬の品評会です。私の愛犬ゴマメはとてもじゃなく入っていけません(笑)しかしふと疑問?芝生に何故犬が離されているんだ。・・・・・いくら高い犬だって違反です。
 御所に来る人は優しい陽気な感じなので変に怒るのやめました。
京都に御所があってよかった。皇祖に御礼をして御所を後にした。

ストーンペーパーのお話

 私達印刷業界も環境への取組を急速に行ってるのですが、一昨年の古紙配合率の隠ぺい等で古い体質を脱却できえていない業界である事は確かです。
 しかし印刷業界はフイルムを全く使わないCTP(コンピュータ、トゥ、プレートの略)インキの大豆油インキの100パーセントの以降とわりと早く行ってきました。何故かと言いますとCTPの方がコスト、スピードが速く、通常インキは大豆油インキ殆ど価格が変わらないメリットがあったからです。
 用紙はバージンパルプの方が価格が古紙配合紙より安く、中々企業様に受け入れてもらえなかったのが現状ですが、今日の地球温暖化が企業の責任が大である事が叫ばれ、ようやく自社森林認証紙(FSC)を始め、再生紙率が高い用紙が市場に出回るようになったのが現状です。
 小社でも再生紙、FSC認証紙、ケナフ用紙、藁用紙等指定の仕事も増えてきていますが、ストーンペーパー、竹100%の用紙、石巻復興支援紙について紹介させていただきます。
 今回はストーンペーパー(石から生まれた紙です)
suto-nnpe-pa-_convert_20120720164538.jpg

1、 ストーンペーパーの特長はCO2排出量が少ない。バージンパルプより燃焼時のCO2排出量が30~50%削減。
2、 木材は一切使わない(一般的なバージンパルプ紙1トン製造には、約20本に相当する4トンの木材パルプが必             要)ストーンペーパーは鉱物の中でも豊富な石灰石を使用。
3、水質汚染が全くない(パルプ1トンの製造には約100トンの水が必要。
  バージンパルプには漂白剤を使用し水質汚染問題は必ず付きまとう。
4、製造技術については世界48カ国で特許。
  となり
特性と特徴として
※強い耐久性のため水周りでも使用可能。
※パルプに比べ耐久性にすぐれている。
※環境面で優れている。
※既成観念を打ち破る商品。
※重量感がある。
※非常に高い筆記性。鉛筆では水中でも可能。
※製袋の際、保温、保冷効果が高い。
※劣化がしにくい。
※マットで落ち着いた風合いの印刷物。
 以上の特性があり幅広い用途での使用が期待できる商品となっています。
 次回は竹紙を御紹介します。
 

エコの贈り物 京扇子

扇子1

扇子2
 今日からゴールデンウィークといっても今日は仕事で明日から東京。
京都も今日は25度超えています。急に暑くなるとなんとなしに体が暑さについていけません。歳のせいでしょうか(笑)
 
 昨年から小社で制作販売しております白檀のオリジナル扇子本年度御注文第一号が出来ました。本人様御了解のうえ先行公開となりましたがGW明けの納品となります。
 この作品は金谷禄山先生が扇子用紙に直にリンドウを描いていただき文字通り世界で一本の扇子となります。
 
 昨年も企業様の記念品として、個人ではお子様の写真入り、とっておきの写真、俳句、水墨画とお客様からの使い勝手のヒントも沢山ありました。

 今年も電力問題があります。是非省エネに貢献できれば幸いです。
プロフィール

太野垣修二

Author:太野垣修二
創美へようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スパムロボット対策メーラー
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

携帯でもみれます
QR