求人情報の電子化

 小社においてもリクルート社商品(タウンワーク・フロムエー)を取り扱って、つくづくインターネットの普及とインターネットビジネスのすごさを思い知る。
 クライアントとの折衝も電話とe-mailで商談と原稿のやり取りも済むことが多くなってきた。
 私も昔の営業マンとなったのかと、ふと思う。昔はクライアントに出向き世間話をしながら、お茶をいただき、タバコを吸いながら商談をしていたものだが、何れどの業種の営業マンも無くなるのでは無いかと寂しくなる。人と人とのふれあいを大切にして自分の人間性を売り込めと教えられた私共の世代は部下の指導にも考え直す時が来たかも知れない。
 しかしながら私達アナログ人間はお互い話をして、発する言葉が力となっている事を知っている。デジタル人間とは違う暖かい物を私達は持っている。
 印刷を携り、紙の媒体がインターネット、電子書籍化が主体となってきていることは肌で感じるが、
年配の人達を大切にしたならばアナログとデジタルの融合は私どもの使命だと考える。
 確かに気球温暖化については心を痛め、私もCO2削減の為、色々な方策を練り、運動もしているが、用紙の業界あげての偽装事件には腹が立つと言うよりあきれる。どうか用紙業界は環境に真に向き合った商品を研究し、アナログ世代に勇気を与える商品を創って欲しい物だ。
 幸いにしてフロムエーもタウンワークも紙媒体も残っているのが私は嬉しいのだが。
スポンサーサイト

ツバルに太陽光発電

 2月22日毎日新聞8Pにツバルに関電が40キロワットの太陽光発電施設を引き渡したと言うニュースが乗った。地球温暖化の影響で海に沈む危機がマスコミ等で伝えられている南太平洋の島国がツバルだ。人口11500人の小国であり面積は26平方キロメートルと世界で4番目の小国である地球温暖化により沈み行く危機がそこにあり、ツバルの人々は世界のエゴの為、自分達の国を捨てざるをえない状況にあり、オーストラリアに移住を断られ、ニュージーランドへの移住となるようだが、全員移住できるようではない。ツバルに太陽光発電をしても今更遅いかもしれないが、しかし京都議定書で約束した日本のCO2削減はどうだろうか、チームマイナス6パーセントどころか、プラス7パーセントとなっているのが現状だ。ツバルの事をよそ事だと思って経済活動をこのまましたならばどうなるだろうか?今日のブログだけでは書けないが、確実に自分達の孫、ひ孫の時代にはツバル以外に日本の一部も海に沈むと科学で解明されているのを知っているだろうか。せめて生活にCO2削減の努力を、企業には環境にやさしい物作りを、国には環境に関する政策を具体的にするべきではないだろうか。地球は神によって創造された物だが、人間が守る使命があると思うのだが。

もったいないの最前線か?

 私共のクライアント、リサイクルショップ、お宝マートがオープンして早や半年を過ぎようとしている。
 リサイクルショップと言えば一昔前では中古屋、質屋を連想したが、大量消費が美徳と言われ、戦後日本人はなんでも新品が当たり前、経済的には百貨店、スーパーでの購買が美徳だと思われていたが、使える物を別の人が使っていただく、循環をベースにした商売と考えるべきで、お祝い返し、香典返しで使わないからポイと押入れへ、一度使ったが気に入らないから使わない、一度着たがサイズが合わないからタンスのこやしに、人に差し上げるのだったら許せるが、使用まだまだ可能な商品をゴミとして処分、これではいくら日本の焼却炉が優秀としてもCO2が増えるだけだ。MOTTAINAIを日本語から世界共通語となったのを考えるべきではないだろうか。
 リサイクルショップは目をこらして探せば、こんな物あったの、こんな値段であるのとびっくりする事も沢山ある。
 家電、家具、文具、キャラクター、古着、ブランド、等様々な宝が眠っているので、一度行って見る価値はある。
 お宝マートは国道一号線久御山田井交差点を西に約800メートル。
 電話は075-632-6830

DSC01791.jpg


DSC01723.jpg

嵐山・渡月橋の雪景色

DSC02053.jpg
 三連休の初日、所用で嵐山に出向いた。日本全国が雪の予報となっているのに、嵐山には観光客がシーズンオフなのにかなりの人出であった。
 所用をすませた後、渡月橋まで足を運び、雪でかすんだモノトーンの渡月橋を見て、桂川、渡月橋、のコントラストに昔ながらの京の優雅さがあった。
 

救命講習

DSC02047.jpg
 私の所属している伏見工業会の月例会で、伏見消防署に出向き、会員の大半約50名位が参加して、普通救命講習があった。耳慣れない言葉であったが、初めてAEDと言う言葉を知った。AEDとはURLを見てお分かりと思うが、心臓にショックを与え蘇生させる器具である。  「救命のリレー」は①早い119番への通報②早い応急手当③早い救急措置④早い救命医療ですが、実際にはマスコミでも取り上げられているが、④の早い救命医療においては医療機関が足らずたらい回しの為、命を落とすのが問題となっている。しかしながら脳梗塞等で心肺停止状態であっても②の早い応急手当が行われたなら助かることが多々ある。ビデオの講習でもあったが、救命士がいてAEDがあり蘇生した事実がたくさんある。話は変るが日本のワールドカップ開催のFIFAの視察の際に公共施設にAEDがあまりにも少ないので驚いたらしい。海外では殆どの公共施設にはAEDが設置されているらしい。日本もおくればせながら設置場所が多くなってきたらしいが、AEDの名前自体が浸透してなく、設置場所もわからず、
使える人も少ないのが事実だ。約3時間の講習を受けたが、実施訓練で心臓マッサージ等の応急手当の方法とAEDの使い方を学んだが、AEDの設置場所を公共機関のみならず人が集まる所への設置と、この講習を受ける人がもっと増やすべきではないだろうか。
プロフィール

太野垣修二

Author:太野垣修二
創美へようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スパムロボット対策メーラー
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

携帯でもみれます
QR