LEDと京の伝統産業

 LED(発光ダイオード)が環境にやさしい照明として注目され急速に普及しているのは私のブログにも以前に書かせていただきましたが、今日3月31日の産経新聞の朝刊に京都のLEDメーカー、シーシーエス社と京都の和傘メーカーが共同開発した行灯風の電気スタンドを開発し来月から発売するという。LEDと伝統産業とのコラボとは驚いたが京都議定書のご当地が環境対策に自治体の取り組みが遅れているにもかかわらず伝統産業と京都のLEDメーカーが共同開発した商品を生まれだすとは嬉しいかぎりだ。京都にはまだ京都の和紙、西陣織、着物とLEDとドッキングできる素材が沢山あるように思うのだが、私ども印刷業界も何かヒントがあるように思うのだが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
課題として残しておこう。
LED 001
3月31日産経新聞朝刊
スポンサーサイト

アナログ最後のアイデア

 平成7年前後を境に私どもの印刷業界も急激なデジタルへの移行が始まった。
一般にPCが普及しはじめ徐々にインターネットも普及し始めたのもこの頃からであろう。
 
 話が前後してしまったが、26日に私の奥歯に物を噛むと急にボロボロと歯が欠け出した。急遽歯科医院に治療へ。幸い小社の側に歯科医院があり駆け込んだ。歯の治療には異常なほど怖がりな私としては泣きたいほどの覚悟だった。
 レントゲン撮影をして又びっくり、レントゲンもデジタルになり治療台の前に大きく私の歯が映る。昔のモノクロフィルムでの説明とは違いよくわかる。
 覚悟はしていたが奥歯が半分切って被せる事も出来ず即座に抜歯された。毎日歯磨きには時間をかけているのに・・・・・又治療の日々が続くと思うと泣きそうだ。

 しかし歯医者さんへ行くとアナログ時代の良き時代を思い出す。下記の葉書は小社が発売したもので歯医者さんが来ていただいた患者さんへの告知葉書である。オールカラー印刷で数種類作成した。下記は一部のものだが,いわば歯医者さんが患者さん向けのオリジナルダイレクトメールである。私どもは既成のデザインを数種作成し、用途によりコピーを変更し、歯医者さん独自のコピーとゴム印若しくは名前を印刷するだけの商品だったが、安価で作成出来グッドアイデアと高評価をいただき結構販売させていただいた。しかしながらこの商品も悲しいかなパソコンの普及とともに歯科医院事態が独自のダイレクトメールの作成もPCの普及と共に売れなくなり撤退を余儀なくされたが、今だに他の件で歯科医院とお付き合いをさせていただいている。寿命は早くやってきたがこの作品が私どもが目指す「与えよさらば与えられん」の小さなアイデア商品として歯科医院に形が違っても役に立ったのではないだろうか。
歯科 001

又一つ増えるか?趣味の世界。

IMG_0031.jpg
 会う人、会う人にまだ吸ってないのと聞かれる。結構注目されているのか、信用されてないのか。まあいいや自分でも不思議なのだから。
 先日やらしい計算をしました。今までの煙草代を換算すると約600万円。健康まで害して人に迷惑かけて大変な金額を使ってしまったと反省!  (愛煙家の皆様への批判する身分ではございませんので批判ではございません)
 これから吸わない事を前提に前から欲しかったデジタル一眼レフカメラを買って連休中に犬の散歩ついでに東高瀬川で1枚撮りました。評価は下の下だけどこれからこってしまいそうでちょっと怖いですね。要すに煙草代がデジタルカメラに変わりました。

 話が変わりますがWBC日本勝ってよかったが、サムライ、侍と言ってるが侍に失礼な采配結構あったんじゃないかな・・・・・相変わらず監督も選手も国歌を歌わない?
 とにかく勝ってよかった。

黄砂・砂嵐・花粉

 昨日、今日20度近くの気温となっている。まだ3月半ば、嘘だろうと思っていたが、京都塚原産の高級筍を扱う、とり市老舗さんでは店舗のデェスプレィを筍用に変更されていた。新聞では桜開花が非常に早いらしく近々に花見情報がでるみたいだ。暖かくなるのは大歓迎だが、一昨年頃から軽い花粉症!顔はかゆい。鼻がでる。くしゃみが出る。ああうっとうしい事です。昔は花粉症なんてなかったのに。まあこれも人間の犯した事が現れたのだろうと思いつつ。

 黄砂も季節風によって日本列島に飛来してきている。昨日のテレビのニュースには中国、韓国、日本の被害状況が映し出されていた。ニュースではちゃっかりカーショップで黄砂用の洗車グッズが飛ぶように売れているらしい。ついでに黄砂を飛来させない道具もありゃいいのに

 先日サウジアラビアに赴任している義弟よりメールがあり、リアドは砂嵐がひどいらしく眠るにもマスクをしているらしい。下記の写真を見ると特撮映画みたいですね。
 人間の欲の現れが温暖化を加速しているみたいに思うのですが。
10.jpg


煙草を休憩して見える世界

 前回のブログで少し煙草を休憩宣言らしきものを書いただけでわりと大きな反響がある。
 殆どが信じられない。嘘やろ。いつまでやせがまんするんや。どこか体悪いの。色々言われる。正直、食事の後一服したくなる。他人の煙草の匂いがやたら恋しくなる事もある。
 今月の雑誌PRESIDENT誌を読むと気になる記事があった。
プレジデント 001

 この記事は飯島勲 小泉元総理秘書官のコメントで煙草を吸った人だけが見ることのできる世界とタイトルがあり、情報収集の観点から考えれば最も大事なインテリジェンス活動に思えてなりませんとなり煙草の吸う事により上下関係の隔てが無くコミュニケーションがとれ情報が集まるようになっている。
 煙草を休憩している私が言うのは厚かましいかもしれないが、そうだろうか。大阪の御堂筋、京都の繁華街へ行くと喫煙歩行禁止となり匂いはきにならないが少し路地に入るとやたらの煙草の匂いが気になる。私の体はまだニコチンを欲していると思うが煙草を吸わない人に多少なりとも迷惑をかけていたんだと実感する。確かに昔のスタイルの商談風景、会議風景を思い浮かべたら私も懐かしい思いがして超アナログな商談風景がなつかしい。
 しかし今はそういう訳にはいかない。商談する相手が煙草の口臭を気にしているのをこの間まで私は気にもなっていなかったが、今は相手の口臭がすごく気になる。今までもし迷惑かけていれば謝らなくてはならないだろう。
 さてえらそうなコメントとなったが、まだまだ自分には乗り越えなければならない禁煙のハードルが待ち受けている。渋滞中の車。お酒の場。釣り。ゴルフ。等々ある。 今からお酒が入る会合があるが大丈夫だろうか。
 愛煙家の皆さん生意気言ってすいません。




一寸健康志向に!

 先日久しぶり会った知人と立ち話をして、喫煙室へ一服行こうと話したら、煙草やめたと言われ何とも言えない衝撃を受けた。先日の健康診断の結果も禁煙を勧めるとあったが、(喧しいストレス溜まるだけやと思っていた)一寸待て、この人やめたんやし俺もやめられる筈やとチャレンジ。
 まだ日にちが絶ってないが私にはおおきな決断。まだやめたとは大きな声で約束するには自身がない。取りあえず一本も吸ってないが・・・。しかし食後は欲しい・・・・・・・・・・・・・・・・・
禁煙マーク

 先日入会したヘミング伏見に煙草をやめついでに体を若く甦らそうと(無理や。ほっとけ)行きました。無理せずに水中歩行をしている時、インストラクターのお兄さんがもう少し大股で胸を張って速く歩けば効果がありますとアドバイスしてくれた。30分程で一度休憩すると歩くにも下半身がダルーイ。下半身強化が出来ている証拠らしい。調子に乗り後30分水中歩行して本日は無理せずおしまい。
 帰りのフロントでお嬢さんがチラシを見たと入会説明を受けていた。チラシの効果あり。私の健康に効果あり。GOOD. GOOD.・・・・・・・・・・頑張るでー。
ヘミング伏見B4.09.3.4

 

キャラクターデザインはおまかせ

 京都は小雨が一日中降っていました。ひと雨ごとに春が近づいていると実感しています。
小社玄関ホールのポスターも衣替えです。
 今回の制作者は弊社制作室のMAKOTO・Kが担当です。
明るい希望に満ちたデザインをテーマのもと下記のポスターを完成させました。
メルヘンチックに仕上げ、キャラクターデザインも感性のみで仕上げたようです。
創美春バージョンポスター

琵琶の音色

 伏見工業会の例会。通常の月例会では昼食後、会務報告後にゲスト講師により経営、金融、健康等、多岐にわたる勉強会があるのだが、今日は趣向を変え、琵琶の演奏であった。
 正直、全く興味のないジャンルで聞いた事もない。聞きたくもなかったのだが、食事では運悪く一番前の席で帰るにも帰れなく仕方なく居たのが本音だ。

 奏者は筑前琵琶 日本橘会師範の高橋旭妙さん。非常に若くべっぴんさんでまあ少し見て帰ろと思った。
 曲目は「熊谷と敦盛」「鴨川の露」京都らしい曲で演奏者が歴史を思い浮かべて聞いて下さいと言われたので歴史を紐解いて聞き入ってしまった。高橋師範の説明の声と歌うアンバランスさにも驚いた。説明の声は本当に若く美しい。歌声は腹から絞り出す声。材質は桑の木からで出来、バチは男性のより小さめ。琵琶と音楽と歌声が見事にマッチしていた。約一時間瞬きもせず見て聞いた自分に驚いた。
 今日の月例会を企画した伏見工業会の役員の皆様に拍手。
 高橋旭妙先生ありがとう。
琵琶1

元気与える日の丸野球を

 少しブログの更新をさぼり又友人からお叱りをうけました。
もう三月です。昨日まで暖かかったですが、このブログを作成し窓を見ると雪が降ってます。
3月3日は桃の節句ですが昔と比べると寂しくなってきたと感じるのは私だけでしょうか?

 今日の産経新聞朝刊にWBCの記事で「元気与える日の丸野球を」というコラムがあったので紹介したい。
 強化試合4試合は高視聴率を記録し、球場も連日大入り満員である。
 日本代表という「日の丸」に対する期待が表れている。人間誰しも持っている、生まれ育った国を尊く思う素朴で純粋な気持ちを大事にしたい。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 近頃の日本を見ると失礼ながら迷惑を顧みない行為が横行している。
教育のせいだけでは片付けられないような問題が多々ある。デジタルは道具で良いものは知っているのだが、人と人との触れ合いを忘れてはならない。今生きている事に感謝すべきである。日本の良さに目覚めるときが今こそ必要だと思う。WBC、オリンピック、ワールドカップには国民が熱狂し国旗をフェイスペイントし球場では日の丸がふられ、この風景だけ海外の人がみれば日本人は国旗を大切にしている民族に見えるが日常に国旗をみる事はまず少ない。
 私の車には小さな日の丸のスッテカーが貼ってあるが、お前は右翼かと聞かれた事が何回もある。
私の答えはいつも同じ日本人が国旗を大切にして何がおかしい。・・・・・・・
 国旗は祭りの小道具ではない・・・・・・・・・・・・・・・・・
sannkei.jpg



プロフィール

太野垣修二

Author:太野垣修二
創美へようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スパムロボット対策メーラー
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

携帯でもみれます
QR