喉元過ぎれば○○忘れる?

 徳島へ行ってからブログ更新していませんでした。友人のメールでインフルエンザにでもかかったのかといいかげんな詮索メールが入ってますがいたって元気です。
 しかし新型インフルエンザも早く小康状態になってもらいたいものです。先週大阪へ行くと3時頃ビジネス街で約3割のマスク姿。京都のホテルでは従業員全員マスク姿。ウェイトレスさんもマスク姿。はっきり申し上げて異様な風景です。ホテルまで行ってマスク姿で食事しても美味くはありません。タクシーもあきまへんの一言。修学旅行生も皆無です。京都も経済状況は阪神地区とかわりません。
 早く元の状況に戻るのを祈るしかありません。
 しかしながら、元の状況に早く戻って欲しいのですが、喉元すぎれば熱さ忘れると言う諺があります。 今の経済状況では少しのお客さんに感謝・感謝みたいですが、元の状況になれば又客もお店も横柄な態度に戻るのではないかと危惧をします。
 先日、小社の取引先でもありました。昔からの積み上げた事を忘れ、担当が変わったときだけ可愛く感謝。何かあると鬼の首を取ったみたいに、よくある話ですが、喉元過ぎれば○○れているんですね。アナログ人間の私には信じられません・・・・・・・・・・・・・
 まあこれ以上言うと愚痴になりますのでやめますが、日曜日に大相撲5月場所が終わり、日馬富士
が優勝しましたが、残念なのは高見山の引退です。苦しい稽古、異国でのつらさにも耐えて涙を眼から出た汗と言っていたのをよく覚えていました。
 最高の外国人力士がアナログの大切さを千秋楽の切符のモギリで教えてくれました。
 高見山大五郎
スポンサーサイト

伏見工業会 研修旅行

 5月16日(土)17日(日)両日伏見工業会の研修旅行で徳島へ。
名神高速、中国道、山陽道、明石海峡大橋からの工程でのバス旅行です。ETC割引で一般1000円の高速料金になってから初めて高速乗りましたが、噂通りの大渋滞京都南を出て直ぐに大阪へ向かうと直ぐに渋滞。反対車線も大渋滞。中国道の宝塚近辺は割引の前から渋滞区間、予想通りでしたが明石海峡大橋は渋滞は見られませんでした。

 ETC割引も何時まで続くんでしょうね。安いにこした事はないのですが、この大渋滞、休みは国民挙って高速で大移動しましょう。燃料も安いし消費も上がるし経済活性化で景気が良くなりますよと言ってますが、そこに将来の増税が隠れているでしょうし、運送会社等いつも使用しているトラック等に全く割引が無い。勿論今回世話になったバスにも割引が無い。ETCも不足していて手に入らない人との格差問題まである。

 一番問題になるのは環境問題ではないでしょうか。これだけ土日土日に高速道路を皆さん利用するとCO2の排出量はどのくらいになると政府は予測しているのでしょうか?京都議定書のマイナス6パーセント目標が今プラス7パーセント以上になっています。地球の温暖化はもう皆が暖かくなってきているのを実感し、小さな努力の積み重ねをしているのに。国民には、土日大移動を奨励していいのかなと疑問です。このつけは誰が払うんでしょう?私達国民と後世の人たちです。

 すみません楽しい旅行の報告をしようとブログを更新しましたが、つい環境問題への感想になりました。簡単ですがうず潮見学、北淡記念公園にて震災の跡地をみて勉強してきました。

 しかし伏見工業会のメンバーは若くて元気はつらつ。TVのCMのコピーのようになりましたが、帰りのバスでもほとんど寝る人もなく和気あいあいでした。
 この景気にも伏見工業会のメンバーは負ける人はいないでしょう。
nami.jpg






 

枝を切らず幹から大切に!

 皆が言う通り煙草をやめると、お腹の周りに又贅肉が付きはじめ、夕方一寸スポーツジム、ヘミング伏見に行きました。
ヘミング伏見は私にとってすごく因縁がある場所に駐車場があります。京都伏見、龍谷大学深草学舎の南東を東に入った所にヘミングが有り、私の気に入っている駐車場は龍谷大学の南東を南に入ったところです。古い話ですが昭和55年位ですがこの駐車場に箱井運輸が有り、箱井運輸に中学の友達が就職していて向いのアイローロと言う喫茶店で良くお茶を飲んでいました。アイローロで同じお客さんでフジ医療器と言うマッサージメーカーでマッサージ機では日本で1,2を争うシェアがあり、何故か京都営業所の所長と仲良くなり、本社があった大阪の我孫子を紹介していただき、訪問した際に工場の受付の椅子に腰掛け待っていた時、見知らぬ老人がおまはんどこの人やと聞いてきました。京都に帰ってから京都の所長にけったいな爺ちゃんに声かけてこられたと話すと所長のデスクの上に写真が飾ってあり、この人違うかと言われ、びっくりしました藤本社長に直接声を掛けられていたのでした。詮索とは怖いですね風体だけで掃除のおじさんと思っていた私は恥ずかしく、本当に勉強になりました。この社長が以前にこのブログで紹介させていただいたスズキ自動車の鈴木社長に良く似ている社長です。
 このフジ医療器とやがて大きな取引をさせていただき、今度は私どものクライアントの三菱電機を紹介し、私の思っていた得意先と得意先のドッキングとなり、又当時リクルート社から独立したばかりのクイックを紹介し、そのクイックが見ている間に上場会社となり他の企業を私どもに紹介していただき、今の私どもがあるのはヘミングの駐車場の前の会社で私の友人が勤めていたのですが、基本的に友人、クライアントを何より大切にして枝を切らぬようにしたのが又原点としてこの駐車場があるように思います。クライアント一社一社との結び付けると小社の半分以上が何らかの結びつきがあります。デジタル化した現在。言うに言えぬアナログの良さを守ってきた私の経験は、困った時は原点へ!ある事に感謝。友人、両親、兄弟、自分に関わる全ての人に感謝。この国に感謝。

喜んでいいのやら?悲しむべきか?

 しかし暑いですね。暑苦しいブログを書くつもりはありませんが・・・・・・・・

 先日、大阪の地下鉄御堂筋線新大阪での乗車時の出来事です。
乗車すると遠足の帰りか、小学生が大勢乗っていました。何と言う事でしょう。私の姿を見るなり子供たちは我先にと席を空けました。(私と違うと左右を見るとどうも私らしい)もういい、もういいと合図を送ったのですがニコリとしてここにおっちゃん(さてはおじいちゃん)座ってと言っているようでした。
 心の中で俺はそんな年寄り違うぞーと叫びながら、腹立つやら、うれしいやら、何ともいいがたい気持ちでした。
 日頃、この頃の子供たちは道徳教育がなっとらん、とかえらそうに思っていた私は、この頃の自分を思い返すと自分にはまあ席を譲る事はできなかったのに、勝手なもので私にはまだ席を譲る年寄り扱いをせんでくれーと心の中で叫ぶ気持ちが交錯していました。
 よく考えたらこの子らの年を自分に置き考えると私の年はかなりのおっさんと思っていたでしょう。

 近頃小社に2世の担当者がよく来ます。お父さんと少し前まで商談してたのですが、今は2世と商談する事が多々あります。寄ってくる人を可愛がる習性が私にはあるんでしょう。昔からもう少し他人さんにも厳しくと言われますが、身内には厳しいかもしれませんが他人さんにはいいおっちゃんかも知れませんね。

 いつも彼らに話すのは義理、人情と感謝を忘れたらあかんで・・・まるで○○の世界です。
しかしながら引退の日も遠くはありませんね・・・・・・・・

新緑の清水寺

 5月6日GW最終日。帰省していた娘夫婦と両親のお墓参りついでに清水寺へ行きました。
少し曇り空で残念。しかし連休最終日の午後なのに観光客で賑わっていました。

 清水五重の塔を通り二年坂、三年坂へ。路地にひしめく土産物店を見ると清水焼、京漬物、等代表的な物の他に京扇子が彩りを添えていた。
 京都のお箸店が有り、以前にはなかったマイ箸コーナーがあり結構売れているようでした。
 又、店の装飾にも参考になる色使いとなったので写真を撮りました。しかしこのような観光スポットでも環境問題の啓発をされ環境グッズが売れるのは嬉しいですね。
荳牙ケエ蝮ゑシ狙convert_20090507163357[1]
三年坂から清水通りを入ったところにお箸屋さんがありました。
繝槭う邂ク_convert_20090507164243
このような可愛い箸があれば皆さん環境問題に関心があるようになるのではないでしょうか。
新緑の清水の舞台は薄曇りでした。
貂・ーエ闊槫床_convert_20090507164952
 清水寺を後にし、両親の墓参りをしてほんの休日は終わりました。
 両親のお墓を丁寧に洗ってくれる婿の姿に感謝。








浅野温子語り舞台

 休み中も結構ハードです。しかし所詮ジッとしていられない性格。東奔西走です。東京明治神宮会館から舞鶴、昨日は昼に女房の母の弟さんの要望で母方のお墓参りです。父親のご先祖にお参りはしてますが母方は初めてです。場所は意外に近くて東山の中腹の小さなお寺です。山の中にあるので年がいった叔父には確かに歩くのはつらい場所です。墓の清掃の済まし本堂に行くと京都市内が一望でき、住職が丹精込めて育てられたツツジがお寺を覆うように咲いていました。
IMG_0616_convert_20090505142243[1]
 
 夜に楽しみにしていた天皇陛下御即位二十年奉祝浅野温子語り舞台「日本神話への誘い」が伏見の城南宮でありまいた。
浅野温子ポスター
 闇の中ライトに照らされた城南宮神楽殿が舞台となりヴァイオリンとパッカーションの音楽で浅野温子が登場です。第一話「大国主神とスセリ姫ー夫婦神の物語ー」第2部「イワレビコの命とイツセの命ー兄弟の物語ー」の2部構成となっていました。
 日本の誕生。神。皇室。もう一度考える場と見事に演じていた浅野温子さん。企画をしていただいた実行委員会に感謝。






プロフィール

太野垣修二

Author:太野垣修二
創美へようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スパムロボット対策メーラー
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

携帯でもみれます
QR