「ハローディ」躍進の秘密

 昨日、俳優:役所広司が進行するテレビ東京の人気番組「ガイアの夜明け」に個人的に尊敬する
加地久典会長が率いる福岡を中心に40店舗を展開、売上530億円、17期連続増収増益する食品スーパー「ハローディ」躍進の秘密を伝える番組となっていた。番組の冒頭では石川県の食品スーパーの売上が頭打ちの為、「ハローディ」をバスを仕立て幹部が視察し、魅せる店舗創りから驚きが始まった。巨大マスコットのディスプレー、生鮮野菜コーナーで子供さんにも見せる陳列、肉、魚、コーナーの盛り付けかたでお客様への好印象を与え、又調理も簡単に済ませる工夫等「ハローディ」ならではの発想が紹介されていたが、今回の景気悪化の影響が多少とも響いていたようで、各部門の売上推移を検討され、総菜コーナーの売上アップを強化となり、パートさんも開発に着手、アイデアを模索し大胆なアイデアを提供するらしく、勿論パートさんにも賞金が与えられ部署全員参加でヒット商品が生まれた。社長の加地敬通社長が売り場に回る時の挨拶があったが「お元気様」。通常のお疲れ様ではなく社員の心の奥にも元気でねと呼びかけているらしい。
 今回の番組で考えさせられたのは、パートさんまでアイデアを共有する社風とデジタルだけでは会社では無く社員の心に感謝し、売り場には手書きの案内も取り入れている正にデジタルとアナログの融合の成功例を見た思いだ。 今後の「ハローディ」の発展を祈る。
スポンサーサイト

いつまで続くの今年の梅雨・・・喜ばれませーん。

 ひやー長いですねー。もう7月も終わろうとしているのに、まだ空模様は曇り、雨の繰り返しだ。
九州では又行政の怠慢で特別老人ホームに濁流の被害。行政の怠慢だけでなく人間の欲望が起こした温暖化による変化かもしれない。しかし総選挙が近づくと日本の先生と呼ばれる方々は温暖化も老人ホームの被害の事も見事に何もおっしゃいませんねー。困ったもんです。この環境の悪化が景気の悪さを増幅させているのを先生方はわかっているのでしょうか。夏休みだと言うのに山も海も災難のニュースだけで楽しんでいるニュースが全くないという寂しさだ。早くカラッとした日本の夏が来て欲しいですね。
下記の写真は伏見の観月橋から宇治川。雲が低ーい。
梅雨

勇気をありがとう・・・・トム・ワトソン

 暑いだけであまり感動的な事もなくブログの更新をさぼり続けた。
早期梅雨明け祈願の為に夏バージョンのポスターに衣替えしたが早や過ぎてカエルのキャラクターが怒っているようだ。
 先週、ゴルフのメジャー全英オープンがあり、石川遼君とタイガーウッズの同の対決が大いに盛り上がったが、59歳の新帝王と言われていたトムワトソンが初日から好スコアで回り驚かせた。ゴルフの発祥の地である英国はゴルフの原点であるコースがある。日頃私たちが遊んでいる日本のコースでもなく、美しいマスターズのオーガスタでは無い自然そのもののコースのようだ。
 初日は風もなく、陽気な気候のようで日本の石川遼君も好スコアを出し予選は楽勝に通過と思ったが、自然というよりゴルフの神様はそんなに簡単ではないよと教えているような風、温度、コース設定で彼に試練を与えた。しかしながらジャックニクラウスに次ぎ新帝王と言われたトムワトソンがトップに躍り出る。ゴルフというスポーツは年齢を重ねると筋力、反射神経の衰えにより飛距離が落ち不利になるが、研ぎ澄まされた神経と経験により、風を読む力、自然との対応、体力との駆け引きで彼のゴルフは生き返ったようだった。結果的にはプレーオフで敗れ優勝できなかったが優勝者以上に讃えられたのは彼のゴルフに対する純粋さと還暦近い人たちに勇気を与えた事と、自然に対しては人生には経験だよと若い者に教えているようで又痛快でもあった。トム・ワトソン勇気をありがとう。
トムワトソン



7月21日産経新聞夕刊

涼夢献上

 蒸しあつーい日が続きます。
早く梅雨があけてと願い、小社のポスターは一足先に夏バージョンに変わりました。
青い海にイルカ!砂浜にペンギンがアイス!SUMMERを少し曇らせ涼しさを。
今回も創美の制作部ジミーマコト(勝手につけたニックネームです)がデザインしました。評価をしてやってください。
夏バージョンポスター

鰺がオランダ産?

 10日間程更新できませんでした。
しかし蒸し暑い。小社エントランスの蛙のポスターが笑っているみたいです。

 暑いながらも挑戦意欲は衰えていません。先日栄える会の行事で生け花をしました。
人生初めての経験です。あんなん簡単やと思って挑みましたが見事に跳ね返されました。メンバーに笑われ、女房に笑われさんざんで作品をこのブログにのせる気もしませんでした。要するに花の名前も知らず花を作った人の心をわからない私には挑戦資格は無いのでした。
又、挑戦したいのですがせめて花をお花と言えるように大切に扱い、興味をもってから挑みたい。

 話は全く違うのですが、浜松へ一寸話をさせていただく機会をいただき、話の内容をフードマイレージを中心に話をするため近所のスーパーへ食品の産地を調べに行きました。見てびっくりでした。
果物の外国産の多いのは知っていましたが、魚類の外国産が結構多いのです。私がよく日本海で釣る鰺が加工されオランダ産、ちりめん山椒のちりめんじゃこがインドネシア産、今が旬の鱧が中国産等他にも沢山ありました。食品の輸送距離でCO2の排出がかなり増えています。日本であまり獲れないのは温暖化、政府の農林水産業への対策の甘さで従事する人の生活が守れない。今こそ考えなければならないのが日本の食品の自給率が約80%あると言う事実です。戦後和食から日本人の食が全く変わった事もありますが、あまりにもひどいのが現実です。スーパーではマイバック運動もしてますが日本産の食べ物をもっと増やし、安く提供する努力も必要ではないでしょうか。
CA3A0242.jpg



 
プロフィール

太野垣修二

Author:太野垣修二
創美へようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スパムロボット対策メーラー
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

携帯でもみれます
QR