かたなに陶人形の工房へ

IMG_0624_convert_20091130183100.jpg
 今日で11月も終わり明日から師走。街では早いものでクリスマスのイルミネーションも煌びやかになってきました。
 友人のかなたに陶人形の金谷隆次氏の工房へ来年の干支の置物の製作の最盛期で忙しいと思いつつ打ち合わせにおじゃましました。
 工房は比叡山の中腹、比叡山ドライブウェイの料金所の前の閑静な住宅地の比叡平にあります。京都市内から車で10分で行けますが市内と約4度の温度差があり寒さを感じました。
 通称山中越から車でいきましたがもう遅いと思いましたが真赤に色の紅葉がありましたが、しまったデジカメ忘れてたと思いましたが写メールと言う便利な武器があり又紅葉の写真を掲載します。(本当に下手な写真ばかりですみません)
 工房はさすがに忙しそうでした。干支の筆入れ、新商品のプレゼン商品等が山積みでした。どれをみても金谷氏が丹精を込め、命を吹き込んでるような作品ばかりです。しかしながら干支人形は年々下降線らしいです。この話を聞くと日本古来の伝統産業と干支に関して今の若者が関心をもってないようでとても悲しくなります。
 少しの金額で無病息災、商売繁盛を得られると昔から伝えられるお人形をもっと普及できたらと感じました。 外国の絵付けでは出せない優雅さを感じます。


Image040.jpg


スポンサーサイト

晩秋の古都

 昨日古都の紅葉のメッカである永観堂と南禅寺に立ち寄りました。平日なので車は少なく、観光客も少ないかなと思いましたが、大勢の観光客が見えられていました。景気がいまいちの時に本当に京都はありがたいですね。
 永観堂の門前の紅葉は真赤に色づいていました。誰もがパチリパチリと紅葉を撮られてました。入門もしたかったのですが時間もなく急いで隣の南禅寺へ行きましたがここも観光客で一杯です。南禅寺の春夏秋冬を知っている私は紅葉も桜も綺麗ですが、緑いっぱいの夏も美しく、京都の底冷えを体感しながら静かな南禅寺界隈を散策し湯豆腐をいただくのが最高の古都を味わえるんではないでしょうか。といいながら南禅寺の湯豆腐はまだいただいた事はありません。このブログを女房が見たら少し怖いです。
 今週いっぱいで紅葉も終わりのようです。お出かけは絶対地下鉄東西線が正解です。
豌ク隕ウ蝣・convert_20091127185936
永観堂塀
蜊礼ヲ・ッコ_convert_20091127190243
南禅寺庭園



親父の故郷「丹波篠山」へ

 やっと修理を出していたPCもデジカメも無事帰ってきた。
連休の最終日、紅葉をまだじっくりと見てないのでどこか行こうとなったが、京都市内は観光客でどこへ行ってもじっくり見られないと思い、親父の故郷「丹波篠山」まで足を延ばした。
 京都市内より京都縦貫道を使い亀岡より篠山へ、思いどおりに全く渋滞なし、気温14度快晴の行楽日和だった。篠山へ入り親父の戸籍をナビに入れたが日本の田舎の代名詞である兵庫県多紀郡篠山町も今や4町が合併して篠山市に昇格していた事を忘れ住所検索にとまどってしまった。
 新町名も分かりたどりついたが、もう少し発展していたかと思っていたが道のアスファルト、玉に今風の家屋があるが全く人気なし、時折犬の鳴き声がする位で都会になれている私には多少の違和感があった。田園風景を見ながら、山裾の集落を歩きながら親父の子供の頃はこのアスファルト道も全くなく、あったのは田んぼと柿の木ぐらいだったのだろう。こんな田舎で親父が子供のころ泥んこで遊び、ひょっとすると野兎とか野犬とか猪とか鹿を追いかけまわして遊んでいたんではないだろうかと想像した。私の大の苦手蛇を全く恐がらなかったのがよくわかった。
 生家の近所に小さな白山神社があった。本当に古めかしい神社で鈴もちぎれそうだった。きっと親父の少年時代を見守り守ってくださった神社に手を合わし生家近辺を後にし、篠山城へ行った。広い駐車場も満杯である。天守閣はないが造りは大坂城を真似て作ったようだ。ここには紅葉は無く近辺に大国寺と言うお寺が紅葉があると聞き少し日が傾きかけてきたが行ったが京都市内より寒いせいか紅葉も終わりに近かった。
 丹波の篠山、田舎の代表だが田舎は田舎で最高の空気がある。最高の空が見える。最高の田園風景がある・・・・来年の桜の咲くころ又行きたい。・・・・・親父ありがとう。
hakusann_convert_20091125002340.jpg
白山神社
遽�螻ア縺ョ逕ー蝨帝「ィ譎ッ_convert_20091125001826
篠山田園風景
遽�螻ア蝓酸convert_20091125003123
篠山城
白山神社
大国神社

あっちゃー

 京の街も色づき始めたころに、パソコン、デジカメ、と続いて故障。おまけに釣りの電動リールのケーブルまで連鎖的に故障だ。あわててパソコンを設定屋mukuさんに依頼したがどうやら一週間の程全治にはかかりそうだ。デジカメは2週間ぐらい購入店でかかると答えられたが後で考えると紅葉を撮影できないのでちょっと痛い。
 唯一仕事に関係無い故障、電動ケーブルの修理を有名釣り具店に依頼をしたが、じゃまくさいのか、消耗品のためメーカー取り寄せとなりますと返事。よく故障するのなら在庫を置いとくのが当たり前だと思うし、故障品はリサイクルとして再生するのだろうか不安だ。釣り具メーカーも釣り道具店も売るだけじゃなくて環境の事を考えるべきである。確かに釣り場所ではゴミの持ち帰り清掃等啓発をしているが、釣り人の意識任せであるのが現状だ。釣り人は釣りに行くと多少なりともCO2の発生と海、川、池、ダムの環境汚染をしていると言う意識が芽生えつつあるのに釣り具メーカの対応がこのありさまではいけない。
 さて京都の紅葉の見ごろとなりましたが休日は車が動かない程の渋滞となります。是非公共機関で来ていただきたいものです。

リサイクルショップに「めぐるくん」の店認定

 一昨年オープンし盛業中の京都伏見久御山のリサイクルショップお宝マートに立ち寄った。
いらっしゃいませと店長の大井氏とユーヤ君の元気な声。不景気な話が多い中、こちらも元気になる。 相変わらず所狭しと新しい商品が並んでいたが、お店の前に「めぐるくんの店」とステッカーが貼ってあるので聞けば、京都市が簡易包装の推進、レジ袋の削減、トレイの店頭回収、レンタルサービスなど、ごみ減量やリサイクルに積極的に取り組んでいる店を京都市が認定しているとの事。京都市が積極的にPRしているのを社長の太田氏社員の皆様の環境への配慮の表れだろう。
 是非ともこのようなお店で買い物したいですね。
めぐるクン


ひまーな一日

 いつものように起きて今日は珍しく何の予定も無く疲れがたまっているしもう一度寝よう。
 起きたらひぇー11時だ。おーい飯と女房を呼んだが今日はたしか何か用事があると言っていた。仕方なく得意?の料理?朝昼兼用のそばを食べ、外を見ると秋らしい天気で昨日と違い最高の気温だが一寸寒いのでので誕生日に息子の嫁にプレゼントしてもらったセーターを初めてきたが我ながらよく似合うと自画自賛。ベランダから空地に風来坊のにゃん太郎が来てないかと見るとやはり来て私の顔見るとにゃーんと可愛い猫である。ベランダの汚れがきになりなんとなく掃除をしたくなり、お気に入りのシャツのアイロン掛け、昼食の食器洗い、デスクの整理、外を見れば愛車が汚く私も洗ってと言ってるようなので洗車したが、どうしても汚れがおちないところがあるのでワックスでこするとそこだけやたら白く仕方なしにワックス掛け、ピッカピッカになった愛車をみているところに女房が帰ってきてドッグフード買いについてきてと言われ、はいはいとコーナンへ。もうへとへと。
 お父さん今日○○記念日やから食事行こうと言われるまで全くわすれていて又あきれられていたが、京都駅ビルまでお付き合いしたが観光客で一杯。観光客のみなさーんあと一週間待ってください。紅葉のみごろは少し早いですよーと心の中で叫びながらの食事でした。
にゃん吉1
にゃん太郎
 
プロフィール

太野垣修二

Author:太野垣修二
創美へようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スパムロボット対策メーラー
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

携帯でもみれます
QR