一休寺へ

 行楽日和の日曜、午前中釣り道具の掃除と整理をしてると、済んだらお弁当作ったからどこか行こうと女房の声・・
弁当・・・何処へ・・・何処へ行っても人でいっぱいやろと思いつつ・・・近所で混んでない所って?

 そうこう思いながら思い出したのは京田辺市の一休寺。恥ずかしながら初めてです。
ナビで検索しながら自宅から約30分で酬恩庵一休寺に到着です。
 総門から参道に入ると両側に見事な苔が迎えてくれました。観光客もまばらで静寂の寺と言ってもいい。
方丈に腰をおろして見事な枯山水の庭園を眺めると日頃の出来事を忘れさせてくれました。室町時代に建立されたそうですが、一休さんは臨済宗のお坊さんとして京都市北区の大徳寺へ日々修行に行かれたらしいが、その頃の光景は思い浮かばない。ただ歩くだけが修行ではなく僧侶としての修行もすごかったのだろうしか言いようがない。
 書院、本堂を見て歴史を感じると一休さんの少年期の像があった。これど汚れのない顔だと思った。
境内を一周すると歴史を感じさせる建物が点在しています。是非一度足を運ばれたらいかがでしょう。
iriguti+_convert_20100405110252.jpg
IMG_0293_convert_20100405110602.jpg
荳�莨大ワ_convert_20100405102603
荳�莨大ッコ縲�蠎ュ_convert_20100405102932
荳�莨大ッコ譯彑convert_20100405102830
スポンサーサイト
プロフィール

太野垣修二

Author:太野垣修二
創美へようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スパムロボット対策メーラー
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

携帯でもみれます
QR