中年のおっさんの独り言PARTⅡ

 早や5月も終わろうとしている。
今日の京都は非常に蒸し気分が悪い。
昨日は所用で東京へ行ったが寒かったのに、年のせいか体調を整えるのが大変だ。
話は変わるが、テレビ等で男性が化粧しているのをよく見るが、昨日東京で珍しいもの(人、失礼)を発見した。
色々と若い人のファッションでびっくりしたが(まあ殆ど女性)でびっくりしたが、20歳くらいの男性がアイシャドーをしてファンデーション、口紅?黒のジーンズに黒のセンスのあるシャツで中々の男前なのに何で?こんなところで自己主張しなくてもいいのにと心の中でぶつぶつ。
 電車の中では中国、韓国の観光客がやたらに目立つ、日本人の声がかき消されているのか、煩いのか?日本の若い人の道徳心も疑う事が多々あるが大声だけは負けているようだ。(別に勝っても仕方ないが。
 京都に帰ると又ビックリおばちゃんライダーがなんとくわえタバコで走ってる(おそらく70歳位)見てるとタバコは道にぽい。いやーまいった。チャリンコに乗って携帯で話してる若者の方がまともに見えた。
 まあいいかげんな政治の話ばっかり聞かされている国民に道徳の話を政治家がしても教師がしても誰も聞かないような寂しい思いがした。

 今月の初め宇治で古い竹の伐採をして非常に竹藪が綺麗になった。雨後のタケノコの成長と言うが先日見ると又大きくなっていた。そこには美しい緑の竹に太陽の光が降りそそいでいた。
螳・イサ遶ケ5_convert_20100531162334
スポンサーサイト

「さんふらわあ」からの御来光。

 21日から大阪南港から別府へのフェリー「さんふらわあ」で九州へ行きました。
22日は船から朝日を撮ろうと4時半からでっきで待ち構えましたが、すごーく寒かったです。上着を羽織り船内から様子を見て6時位から位から太陽が上がってきました。日本人はご来光といいますがその通りです。雲の谷間から光った太陽が神秘的に上がってきました。「生命の実相」に朝の時間ほどすがすがしいのである。黎明起きいずれば顔を洗い口をすすげ、すすぎ了れば仰いで東雲に輝く若々しき碧空の光を見よ。その冴えた光は生命に満ち溢れている。無限の生命的な感じが無限の世界からわれわれに降りそそいで来る。と教えられている。
逾槫ケク逾ュ_1004_convert_20100524112221

逾槫ケク逾ュ_0980_convert_20100524111917

変わるスーパーのエコ意識。

 以前、スーパーでエコバックを持って買い物に行くと中年のおっさんがエコバックを持ってるのが珍しいのかマスコミの取材を受けたことがあるのだが、ある知人に言わすとエコはレジ袋の消滅だけでスーパーが儲けるだけと答が返ってきた。
 折り込みを商売柄見るのが日課となっているが、新規オープンのMスーパーのチラシを見ると「できることから、ひとつずつ!」と地球にやさしいお店を目指してと言うキャッチフレーズで①天然光を積極利用②調光システムの採用
③床暖房システム④ハイブリド外灯の採用と備品には店頭リサイクル、エコバスケット、リサイクルアルミカートの採用と、積極的にお店自らエコ製品を積極的に採用しているみたいだ。スーパーは車で買い物に来るお客様がほとんどでCO2垂れ流しのイメージがあるが、これからの店舗の潮流ではないだろうか。
繝ェ繧オ繧、繧ッ繝ォ繝槭ヤ繝「繝亥コ・相_convert_20100520205224

ミクロの世界の撮影。

 S精器様の依頼で事業案内の説明ビデオの撮影です。撮影写真は社員さんの製品を作るまでのインタビューですが、
これからは今日のブログで写真公開はできませんがミクロの世界の製品撮影は大変です。超マクロレンズとともに少しでも揺れるとビデオといえども簡単ではありません。社員さん、ビデオスタッフ、皆さんが緊張の連続でした。この日の撮影予定時間は夜まで長時間でした。
 撮影で感じたのは日本の中小企業の技術力ここにありを魅せつけられました。不景気な世の中でも右肩上がりに成長している秘密を多少なりとも感じました。今後編集においてスタッフの皆様と何回か会う事によりミクロの世界観を知りたい。  皆様お疲れさまでした。
荳臥ソ費シ托シ兩convert_20100519175824

神幸祭

 しばらくぶりの更新です。
4月5月と寒暖の差と共に血圧の上下で○暦近くになるとこたえます。
それでも東京へ行ったり、竹藪の伐採をしたり、美山まで藁ぶきの家を見に行ったり、釣りも行ったりゴールデンウィークもそれなりに有意義に過ごせました。

 今日5月16日は伏見の金札宮(きんさつぐう)が50年ぶりに伏見の町に神輿の巡幸をされました。
 3年前から宇治から伏見に越してきた私たちは初詣は近所の氏神様へお参りしようと金札宮に毎年お参りしておりましたが、小さな地元しかわからないような神社ですが大晦日から元旦にかけては参拝者が絶えません。
 昨日金融機関のゴルフコンペの同伴者が今日ゴルフが終わると金札宮の神幸祭の準備と明日お神輿を担ぐと言われるので昨日は準備風景とお参りをし、今日は巡幸を見学しました。
 晴天の伏見、神輿を担ぐ男たちの汗が光ってました。
驥第惆螳ョ_convert_20100516155742

逾槫ケク逾ュ_0529_convert_20100516155331
プロフィール

太野垣修二

Author:太野垣修二
創美へようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スパムロボット対策メーラー
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

携帯でもみれます
QR