京の梅雨

 昨日の夜は異常な蒸し暑さで何回も目をさました。
今も事務所の窓の外は雨。 先日まで7月まではエアコンを入れないと事務所で約束をしていたが、訪問者がスーツ、当然ネクタイ姿で汗だくど来られるのと、多数のパソコンの熱で事務所内は蒸し風呂状態になり、プリンターまで紙詰り現象になり、エアコンのスイッチをON。もう止められない。

 何年か前からクールビズが当たり前となり、国会議員も全く似合わないシャツ・・・・・・
その前にもうちょっと頭を冷やして国民の事考えろと心の中で叫ぶ・・・・・・・
 京都では西陣織の高級ネクタイが全く売れない時期らしく、経済的にはどうかと思うが・・
しかしながら数年前まで夏でも長袖のカッターシャツ、スーツを着ていたが、今は上着は無で半袖カッターシャツ、ノーネクタイ姿・・・・・首が閉められづ楽チンだが何となくダラーとした感じは否めない。

 話は変わるが昔の究極のクールビズは親父連中はステテコ、ランニング、おばちゃんは浴衣。床机にすわり団扇を振り回し、風鈴をの音を聞きながらかき氷に井戸で冷やしたスイカ・・・家に入れば簾、寝るときは蚊帳。究極のエコ生活を満喫していた。
 今は外に出るとエアコンの外気、車の熱気、アスファルト、田舎に行かないと夕涼みもできない。
まあブツブツ言わないで自分で出来るエコを考え生活しよう。

 下記の写真は宇治川べりです。天ケ瀬ダムの下流ですが異常に多い水かさと曇り空です。
逕ウ隲狗畑_1234_convert_20100629155616
スポンサーサイト

環境住宅を想像する「さくら工務店」

 昨日、元社員の経営する「さくら工務店」の白井社長がLEDパネルの納品がてらおじゃました。
 10数年前まで小社で活躍してくれた白井社長だが44歳になったようだが昔と変わらず元気いっぱいで質問にもてきぱき応え、前向きな、夢を語る人柄は昔のままだった。
 印刷業界からリフォーム会社に転身し成功をして数年前に独立。昔のお客様の前押しもあり順調に推移して自信にみなぎる顔は元社員ながら誇らしい。

 今は建築全般を請け負い、不動産も扱うようだが、以前より地球環境には並々ならぬ疑問があったらしく
建物の解体は出来るだけ環境に負荷をかけない工法でしている業者選び、建物施工についてもなるべく環境に配慮した建築素材、工法でお客様にも納得していただく仕事を心がけているという。

 今回のLEDパネルは自分の会社の省エネ政策にぴったりと喜んでくれた。
 環境問題、事業の夢を語る顔は純粋そのものだ。「さくら工務店」に栄光あれ。
縺輔¥繧牙キ・蜍吝コ暦シ農convert_20100625134321


銀座 政寿司へ

おた 先週末、所用で東京へ行き、栄える会会長の小樽政寿司銀座店に行きました。
 以前、小樽本店に行った事がありますが、正直、銀座というだけで寿司屋さんの暖簾をくぐるのは勇気がいりました。
 銀座店は2回目なのですが、銀座1丁目のポーラビル、東京は何べん行っても田舎者です。
 前回は東京駅からスムーズに行けたのですが、有楽町駅がもっと近いと聞き有楽町に降りてからがもろ田舎者になりました。所詮人に場所を聞くのが大嫌いな人間です(風体に似合わず顔見知り)降りて5分の所をうろうろ、ありました有名なポーラビルが、ほーとしたのと蒸し暑く着くまで汗だくでした。
 いらっしゃい。元気な迎えはまさしく寿司屋そのものです。
 中村店長と名前は忘れましたが、にぎり日本3位の職人さんが小樽産のぼたん海老、しゃこ、等地元の物をにぎってくれました。さすが超美味い。 久しぶりに舌がとろける寿司でした。
 銀座でも一流の場所に在りますが価格はリーズナブルで安心価格です。
 下記の中村店長とにぎり日本3位の職人さんに感謝。 一度は行くべし。
 驫?蠎ァ謾ソ蟇ソ蜿ク_convert_20100621213633

清流の恵み

 昨日から京都の美山では鮎の解禁日だったらしい。
かやぶきの家が有名だが、横の川が鮎が住み着いているなんて知らなかった。
 昨日友人から連絡があり美山に来てるから帰りに鮎を持っていくと連絡があった。しかしながら信じられなく、餌かってそのまま持ってきたら怒るでと冗談を言っていたが、本当に生きた鮎を酸素の機械に入れ持ってきてくれた。
 まだ小ぶりだが、天然の鮎は美しくいきも良い。
 早速、酒の肴に塩焼でいただいたがやはり天然の鮎は臭みや苦みがなく、最高に美味かった。
 やはりいただいて温暖化防止と街、川、山を美しい今まで残さないと・・・・・なんでも、どこでもゴミポイは地球を汚す。

繧「繝ヲ_convert_20100614100717

幸せを呼ぶふくろう

 先日、小社ショップでお世話になっている金谷録山氏から新作のふくろうの置物を預かった。
非常に可愛いのが2点あるので掲載します。小社ショップはまだ工事中の為お見せできませんが、オープンを御期待下さい。

さてふくろうとは、苦労をしない「不苦労」とか、福が籠る「福籠」とか、学問の象徴「森の哲学者」等さまざまな呼び名がある。ふくろうは幸せを運ぶ鳥なんですね。

縺オ縺上m縺・シ羨_convert_20100610205858

縺オ縺上m縺・シ但_convert_20100610210032

もつれ

 昨日の土曜日の朝は久しぶりに予定がなく、先日釣りに行ったので道具の掃除と整理をした。
道具箱を開けてみると仕掛けがぐちゃぐちゃに入っていた。船の中では中々もつれがほどけないので時間があればほどこうと道具箱に入れたままだった。
 以前は船のゴミ箱にポイと捨てて帰ったがよく考えたらナイロン製で環境にも良くないのでなんとかほどけたら儲けものと、せこい思いでも持って帰った。
 大体超せっかちで気の短い私が家で糸のもつれを直していた事で女房が遠目で見て何時カンシャク玉を落とすのかとそれ以上に近寄らなかった。
 釣りの仕掛けと言うのは不思議なもつれ方をする。解明は自分では出来ないが必ず原因があり結果があると思いつつ根気良く(珍しい)丁寧にほどいていくと約30分程でやっとこさほどけた。自分でもばんざーい、ばんざーい。笑われるかもしれないが達成感で一杯だった。

 よく考えれば、今まで友人とも、お客とも、外注先ともあらゆるところで感情的なもつれでいやな思いをした。必ず原因があるのでじっくり調べてほつれを直せたら又違った展開があったろう。
 釣り糸のもつれで人生の今後を教えてもらったようだ。
プロフィール

太野垣修二

Author:太野垣修二
創美へようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スパムロボット対策メーラー
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

携帯でもみれます
QR