「中環の森」植樹

 28日、大阪中央環状線のモノレール計画用地で800メートルの憩いの森をつくる「命の輝き共生の森」の植樹運動がスタートした。大阪府・地元の中小企業、栄える会、近畿大学ボランティア。等が主体となっている。
 全くと言ってもよいほど大阪は緑が少ない所に画期的な計画だ。橋下大阪府知事の英断には感服だ。

 京都から栄える会の仲間も参加して現場へ・・・今朝がた雨が降っていたのか道路も植樹場所も湿っていたのが植樹が始まるときには真っ青な空模様となり、適度な湿気をもたらし植樹時には秋晴れとそれこそ天も味方してくれたようだ。

 祈願祭から始まり、今回協力していただいたエスペックミックの方より植樹の説明があり、横浜国立大学宮脇昭教授方式を取り入れ、アラカシ、シラカシ、ウラジオカシ、アカカシ、イチカシ、ツクバンネガシ、椎の木、クスノキの説明、苗木の植え方から教えていただき下記の写真になった。

植樹の種類
CA3A0338_convert_20101130134242.jpg
植樹の説明CA3A0340_convert_20101130134418.jpg
植樹の始まり
CA3A0341_convert_20101130134041.jpg
藁敷き
CA3A0343_convert_20101130134615.jpg
藁の固定
CA3A0345_convert_20101130134747.jpg
 
参加者皆さん楽しそうです。10年後に20メートルに育つようです。楽しみです。
今回の植樹に参加して官民一体の事業として地球環境を考える必要がもっとあると感じました。
来年の3月2回目の植樹が行われるので今以上の参加、資金参加者が増えればよいが。



 
スポンサーサイト

八正道

 仕入先との交渉に夕方会社に帰り、トイレの壁にあるお寺の新聞が貼ってあった。誰が貼ったかは知らないが、
現代人は「すぐに頭にくる」「すぐにムカツク」「すぎにカッカする」と言われ、不平不満を言いちらし、自分で自分の感情をコントロールできない人が増えていると言われています。と冒頭に書かれてあった。アッチャー自分の事かと不平不満は余り言わなくなったつもりだが、今日は還暦を迎え初めて前の3つがあり、又反省材料。
 お釈迦様は、自分の感情をコントロールする方法を示されている。
○正見 ○正思椎 ○正語 ○正業 ○正精進 ○正念 ○生定
正見・正思椎とは
自分の欲を満たす事ばかりの考え、他人の不幸は自分が良ければという、自分の御都合主義にブレーキ。
うん これはなくなってきた。

正語・正業とは
身が整えられ正しい言葉、悪に染まらない事。
うーん 正しい言葉・・・・暴力的になる事が。 悪には染まってないでしょう。

正命・正業とは
正しい生活、誘惑に動かされない、邪念のない生き方。
うーん 頑張っているつもりだがついつい。

正念・正定とは
心静かな状態を保ち、正しいと思った事をやり通す。
うーん 静かな状態を保つのは鍛錬しているつもりだし昔よりましか。正しいと思う事はやり通してる?

自分の偽らざる感想だが、まだまだだ。
「八正道」を日常生活に実行できれば感情に支配され、イライラカッカする事はなくなるとある。

 身心一如という言葉があり、身も心も両方備わるとある。
 
 誰が貼ったが知らないが今日の私の気持ちを変えるにはぴったりでびっくりした。
 今から即実行・・・・・

紅葉に考える京都の環境。

大岩山 秋らしい晴天の祝日となり、我街京都も観光客が最も多い日になっただろう。
今年の夏の異常気象の現れとして、京都を囲む東山、西山、北山ではナラ枯れをおこし、夏ごろから山が黄色く所々染まっていた。
 北海道では千年の森プロジェクトが政財界、地元の皆さんが植樹、植林をされ、又、大阪では「命の輝き・共生の森」が大阪のど真ん中、中央環状線で11月28日に約1500本の植樹、植林がされると聞き私も参加を申し込んだ。
 観光客が多い京都だが、京都議定書の地元としては全く環境対策は遅れていると聞く。
先日、伏見の方から深草の大岩山が非常に荒れていると聞き、伏見街づくり推進室に現状と今後の予定、課題を聞きに、親父の会会長の森田氏と共に訪問した。大岩山はゴミの不法投棄だらけでつい最近まで近づかない山だったが、最近京都教育大学の教授が先頭に立ちボランティアの皆さんとゴミ回収と不法投棄撲滅の看板と展望台を作った。しかしながら色々な制約があり難しいらしい、山自体が民間の持ちモノであり、中々行政が立ち入れない問題もあるらしい。今日現場を見に行ったが、未舗装の車の相互通行が出来ない狭さの山道を登るとうっそうとした木々と竹林だ。正に荒れ放題の山。目立つのは不法投棄禁止の看板のみ。こんな所に展望台があるのと疑いたくなったが山頂近辺に京都市内を望む絶景があるのにはびっくり。ベンチ、植木、市内が展望できるように木が綺麗に
切ってありボランティアの皆さんの苦労がわかる。しかしまだまだこの地域は荒れ放題の山と竹林の土中にどれだけのゴミが埋没しているかわからないらしい。もし竹林を間引きしても土中のゴミの為とても食べられる筍は出ないらしい。この土地を何とかせねばと言う気持ちと荒れた山を見て人間の欲望が命の山を台無しにしている人間が多々いるのに衝撃を受けたが、環境問題を真剣に考えなくてはならないと思い下山した。
枯れた竹林
譫ッ繧後◆遶ケ_convert_20101123201916
展望台
莨先治縺励◆螻墓悍蜿ー_convert_20101123202014
啓発看板
荳肴ウ墓兜譽・恚譚ソ_convert_20101123202121
陽の当らない竹林
髯ス縺ョ蠖薙i縺ェ縺・ォケ譫誉convert_20101124090929



カレンダー・ダイアリー・年賀状

 京都もこのところの冷え込みで、紅葉の見ごろとなってきたようです。
平日の京都の街は紅葉観光客の皆さんで車の渋滞が増え、今週、来週あたりの休日は車は動かないのではないでしょうか。

 私たちの業界では少し前までカレンダー・ダイアリーの出荷作業があり忙しく過ごしていたのがウソのようです。カレンダーも企業の景気のせいだけではありません。街の電気屋、酒屋、米屋等に以前は注文が多々ありましたが、近頃シャッター通りの商店が珍しくなく配られる事はまれになりました。又、若い人の家庭にカレンダーが無い家も珍しくはありません。パソコン、携帯電話ですますようですし、何か寂しい感じがするのは私だけでしょうか。只、皇室カレンダーは例年以上に販売できているのは日本を愛する人が増えたと一安心です。
 ダイアリーもカレンダーと同じようにパソコンと携帯電話・電子手帳に変わりつつありますが、私は字が下手な事もありパソコンで打つことも多いですが、文字は自分で書かないと年々漢字を忘れるのがわかります。ダイアリーとパソコンの併用もいいかもしれません。
 下記の写真は私共のクライアント様のダイアリー表紙です。段ボールと段ボール素材で来年の干支、兎を折り紙をしました。非常に気に入っていただきましたが、クライアントの社長曰く、日本人が干支に興味がなくなってきたねー、縁起物はもっと大切にするのが日本人だと・・・・嬉しかったですね、私も同感でした。
kyowa-photo_convert_20101118223033.jpg

アンパンマンが・・・・・

 13日クライアントの大阪IJ社のゴルフコンペが滋賀県のゴルフ場であった。社員さん、お得意さん、仕入先さんと何時もの和やかなメンバーだ。午前中のプレーが終あいわり午後へ突入。真剣にするでーと思ったがいかんせんキャディさんがおしかばあさんみたいなキャディさんだ。笑い転げ、よくしゃべり・・・・・・そんなわけで楽しかったがスコアは・・・もうゴルフは引退。やっぱり釣りに専念。

 夕方から新幹線に飛び乗り高知へ栄える会の会議へ・・・ああー眠い・・うーん隣の席に絶世の美女が出張ですか?美女から声を掛けられた。たわいのない話をしながらあっという間に岡山に着いた。情けなや、お腹が空いて弁当買っていたのに食べられなかった・・・これなら博多までと思いつつ。

 岡山から高知行きの南風という電車が待っていたが、車体にアンパンマンのイラストがあった。全く知らなかったが高知にアンパンマンミュージアムがあるらしい。孫が大好きなので帰りは土産をと思いつつ電車に乗ると食べられなかった弁当をぱくつき、知らぬ間に熟睡し直ぐに高知に着きホテルへ。

 あくる日ホテルに南国製菓の会長が迎えにきてくれました。70過ぎの紳士である。南国製菓は日本一の清流四万十川の近くにあり、昨今では芋ケンピの他に塩ケンピを発売され数々の食品受賞をされていると聞く、塩ケンピだけで10億以上売れるヒット商品だ。この社長は信条は家族、従業員、御先祖、全ての人に感謝の生活をする事により今の会社があると言う。なるほどと思いつつ息子さんの新社長にあったが非常に若く腰が低い。お父さんが尊敬されているからでしょう。私も遅くは無い見習わなければ・・・

 会議も終わり急いで高知駅に着く、今日も観光なしのハードスケジュールで一日が済んだ。しかしアンパンマンの土産を思い出し駅構内にアンパンマンコーナーがあり孫の土産を買って京都へ。今度は孫を連れて来たいと思ったが・・・・本当は四万十川へ鮎釣りかも
豬懊■繧・s逕イ蟄仙恍+016_convert_20101115102032

タクシーも電気自動車へ・・・

 京都伏見工業会の仲間の高速タクシー(松田有司社長)と商談。松田社長は京都で最年少のタクシー会社社長だ。近年観光京都のタクシー会社も苦戦をしいる中、5000円以上5割引き、ETC全車取り付け、空港定額便、GPS配車とどこよりも早く対処して業績をあげている。

 いち早くハイブリッド車プリウスを10台導入し観光京都に環境に配慮したタクシーをと走らせているが、電気自動車の日産リーフも3台導入するらしい。このような中で今回優良自動車運送事業者表彰を受けられたのも納得できる。このようなタクシー会社が増えれば環境後進の観光都市の汚名も返上できるのではないだろうか。
京都に来られた時是非高速タクシーに乗られる事をお勧めする。
下記の写真は高速タクシーに送ってもらい高山寺に行き、近所の石塀小路の写真です。
遏ウ蝪?蟆剰キッ_1889_convert_20101112212045

クリーンウォーク・15,000歩

 11月7日秋晴れ。  右手に軍手、ゴミ袋。左肩にカメラ。 先日はひとり歩きだったが大勢の栄える会の仲間と伏見稲荷大社から東福寺・泉涌寺へ・・・・・・・
 伏見稲荷大社参道は流石にゴミは落ちていないのは参拝者の心の現れかと思った。私の超アナログナビゲーターに皆がついてくる。後ろから声が聞こえる。「伏見稲荷久しぶりや」??京都の人間の言うことかと思いつつ本殿の参拝では皆さんの真剣な祈りの後、朱色の鳥居の参道をくぐり、稲荷山の中腹から東福寺へ移動。住宅街を通ると用意したゴミ袋が役にたつようにきたが、ゴミは少ない。お隣の国では100メートル歩くとゴミ袋一杯になるでと誰かの声・・・
そんな国に舐められる政府の事を思い出しムッカーとしたが、今日はクリーンウォーク・クリーンウォーク、何処の国も本来悪い国は無いとゴミを拾うと恨みごとも日頃の引っかかりごとも無くなるのが不思議だった。

 東福寺の南門をくぐると山門があり左右に仁王さんが昔は睨みをきかせていたのに今はなく一抹の寂しさがある。山門の前に通称蓮池があるがその池に錦鯉等が泳いでいた・・・・・うーん・・子供の頃は此処で釣りをして和尚に追いかけ廻されたのに、今は鉄条網に錦鯉?絶対に似合わない、昔の方が風情があったとひとりごと(ぶつぶつ)。しかし此処が釣り吉の私の原点だ。

 名所通天橋へ紅葉の名所だがまだ少し紅葉には早かったようだ。観光客も思ったほど少なく、谷の方まで簡単に降りられ、一杯の観光客の時には見られない風景に酔いしれた。

 通天橋の横にある我母校”月輪小学校”を後にして清水焼の窯があった細い通りを抜け泉涌寺への途中に、今回欠席となった会員から携帯電話・・・正直待っていたがドキドキして聞いたが、元気な声で奥さんが回復してきた。全員歓喜の歓声。私も少し声を詰まらせたが涙を流していた仲間も多々あった。嗚呼やっぱり良い事を思い実践すると願いが叶えられると実証された気持ちだった。

 御寺”泉涌寺”へ感動が冷めやらぬ間に月輪御陵へ行き全員で皇祖の御神霊に合掌。
泉涌寺を後にして予定していたおうどん屋さんへ到着、遅れた昼食。約15000歩だがたいした疲れも無し、満足のみ、うどんがやけに美味かった。
 産経新聞のおっちゃん
繧ッ繝ェ繝シ繝ウ鬚ィ譎ッ_convert_20101109000438
 まだ青い紅葉
髱堤エ・痩_convert_20101109000044
 色づき始めた紅葉 
譬・∴繧倶シ壹え繧ゥ繝シ繧ュ繝ウ繧ー_1842_convert_20101108235938

干支人形の撮影

 早や11月になり平成22年も僅か2ヶ月を残すのみになりました。
小社が手がけていますWEBSHOPもオープンから2カ月ですが、手直しが続いておりより見やすく見えないお客様にわかるようにしていますが、今回は陶人形コーナーから正月特集として干支人形を独立しました。
 近頃制作室の乾君がデザインと共に撮影も担当し意欲的に取り組んでいます。仕様カメラはCANON製EOS kissX2と比較的簡単な一眼レフカメラですが、先日お花の撮影がありマクロレンズを購入したのですが、私はあまり上手くなっていないのが現状ですが、乾君はデザイナーの立場からもう使いこなしているようで驚きました。
 下記の写真がマクロレンズで撮った画像です。WEBでは掲載していますが是非ご意見をいただければ嬉しいと思います。


eto-2011_convert_20101101223024.jpg

テーマ : アート・デザイン
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

太野垣修二

Author:太野垣修二
創美へようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スパムロボット対策メーラー
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

携帯でもみれます
QR