六十の手習い。

 先日、金谷録山先生の水墨画教室があり参加しました。
今まで書いた事も無し、字も下手、絶対無理、恥をかくだけと思いつつ絵手紙とかが流行りと聞くので一度挑戦しました。
 花を見本に葉だけはそこそこに書けたのでひよっとして書けるかなと思いつつ、・・・・・うーん中々面白い・・・・・絶対隣で書いている女房より俺の方が上手いと自己満足。誉めればなんやらも舞うらしく。さすが録山先生はほめ上手でしたが、・・・無理無理と帰りましたが、なんとなくもっと他のものを書いたらどんなんかいなと思い。今の情勢にイライラしてるより、もう一回自分で挑戦するかと思い画材屋さんに何となく車を止め、水墨画グッズ売り場で店員さんに何と何がいると聞き、筆、墨汁、専用紙、テキストを買ってしまいました。
 女房が又始まった。カッコから入る悪い癖、どうせ三日房坊主と言うような冷たい目線、墨を落とすなとは言わないが顔が言っているよう。・・・・・書いては墨を一筆入れてムッカーポイの繰り返し。今まではこれで終わりの筈が腹が立っても挑戦意欲がわき、心が落ち着いてくる不思議な世界に出くわしました。
 初めての作品が筍、土筆で禄山先生に写メールで送ると中々筋が良いと聞いた事のない誉め言葉。・・・・
今度落款をプレゼントすると言われ、また又調子に乗り恥ずかしながら下記の作品。落款も押して初公表。けなしでもアドバイスでも論評してください。

菫ョ豁」譴・convert_20110427235131

菫ョ豁」豬キ閠\convert_20110427235320

菫ョ豁」kani_convert_20110427235546
スポンサーサイト

時代と共に変わる結婚式

 4月16日に小社制作部乾君の結婚式が神戸北野ガーデンでありました。
東日本大震災があり久しぶりの明るいニュースとなりました。
私が訪れるのは初めてですが、JR新神戸駅前に北野坂があり、異国情緒あふれ、急な坂道に異人館と結婚式場が立ち並んでカップルが多く歩くのにもおっちゃんは気が引けました。聞くとここにも震災と原発による観光客の影響が出ているようで中国人の姿は全く見ません。まあ勝手にしなはれと思いつつ経済に影響している事は確かです。

 新神戸駅より坂を下って約10分式場の北野ガーデンがありました。正面には乾と新妻知佳さんの画があり招待客を迎えてくれチャペルに案内され挙式。チャペルだから讃美歌があると思い込んでいた私でしたが人前結婚式結婚の言葉、立会人の証明・・・・・・うーん、これも又良し。

 庭でのウェルカムパーティがありシャボン玉での新郎、新婦のお迎え。乾杯。記念撮影。新郎から雨かも知れませんと聞いてましたが・・・・・・天下の雨男Kが出席だからしゃーないと言いつつ、私が行くので大丈夫と言ってましたが少し心配してましたが晴れてよしよし。

 パーティ会場に移り食事会があり一応私の挨拶、新婦の明るさ、両親に感謝、震災から初めて明るいニュースとまとめました。後は懇談、撮影本人たちの思い出のスライド・・・違いました。PCを駆使したプロジェクターでの映像があり両親への御礼の言葉でお開きでした。

 しかし昔の結婚式とは全く違いました。仲人は無論無し、長い挨拶、カラオケは無し。創意工夫とはこういう結婚式を言うのだろう。   おっちゃんの感想でした。  めでたし、めでたし。
inui_convert_20110505165536.jpg


 

自粛

 この度の東日本大震災にあわれた方に心よりお見舞い申し上げます。

復興支援ポスターブログ
  復興支援ポスター配布サイトより
 毎日、東日本の悲惨な現場をテレビで見て胸が痛み、何か出来ないかと思うのですが小額の義援金以外にできないのが現状です。
 桜の季節になりましたが、各地の桜祭りも中止のニュースが聞こえ、心躍る季節が自粛、自粛となって益々冷え切った環境になっています。
 プロ野球も開幕が遅れ、例のごとく大新聞のオーナーが自分勝手ないいぶんでひんしゅくをかっていますが、そろそろ何もかも自粛では経済状況が改善されなく東日本の復興もなくなるのではないでしょうか。
 東日本の方も自粛をいつまでもしないでくださいと言う意見もありました。
気分的には重いですが、日本人が活気づくように政府が働きかける事が一番だと思いますが何せパフォーマンスにしか見えない政府ではこの先大丈夫かと正直思います。
 中心がしっかりした時日本はびっくりするほど早く復興します。
プロフィール

太野垣修二

Author:太野垣修二
創美へようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スパムロボット対策メーラー
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

携帯でもみれます
QR