スポーツジム・ヘミング伏見へ。

ヘミング正面

 この一カ月間、腰痛に悩まされ、知人のマッサージ、針治療、低周波治療をしてやっとのおもいで回復。
無理してゴルフ、釣りを行ったのが永く回復までかかったのかもしれない(反省)
 しかし釣り行きたーい。釣り船あいぶん丸のWEBを見ると今最高の釣果・・・・・辛抱・辛抱。

 リハビリのつもりで会員となっているヘミング伏見に水中歩行だけと思い久しぶりに行きました。
入ると開放感に満ち溢れてました。聞くとかなり前にリニューアルしたとの事。そうすると私の今日のプール代は・・・考えるのはよそう自分がさぼってただけだから。

 6時過ぎに入ったが平日会員が帰ったばかりでサラリーマン諸氏の会社帰りまではすいている。
ジムの機械へは見向きもせずに今日の目的は水中歩行でリハビリ、リハビリ、若いインストラクターの女性が声を掛けてくれ今日は泳がれないのですかと、正直に腰のリハビリの為に水中歩行と言うと歩行の仕方を丁寧に教えてくた。そのインストラクターの一言で単純なおじさんは水中歩行を繰り返しました。ジャグジーで腰に泡マッサージと繰り返す事により下半身が重ダルークなったところで今日はやめました。風呂へ入ってさっぱりして駐車場まで歩いて帰りましたが秋風が当たり気持ちよく体も軽くなったようです。
 時間を作って定期的に行き、固い体とチョット出た(?)腹をへっこませなければなりません。
スポンサーサイト

ものづくりに励むヘムスロイド村

 19日の敬老の日、宇治の末一稲荷神社月次祭に陶人形師である金谷録山氏と参拝し、日本の陶土の土の故郷、愛知県の瀬戸に行って陶芸職人さんと触れ合う機会をもったが、清水焼と同じで陶器産業は全く昔の隆盛期とは異なり斜陽産業となっているようで聞いていても寂しい思いがした。

 帰りに金谷氏の顧客である多賀大社に初めて参拝し、皇太子殿下御成婚記念の大釜に感動し大拝殿に参拝すると大拝殿の左に立派な大きな松がそびえ見ていると台風が近づく中、曇っていた空が真っ青の秋空になり感動を覚えた。
tagataisya_convert_20110921202453.jpg

 多賀大社を後にし、折角なので東近江市の工芸村ヘムスロイドまで足を伸ばした。
 旧湖東町が合併し東近江市となったが旧湖東町の2代前の町長が田園地帯にものづくりの集合体を作りたいと格安の条件で招致活動をしたらしいが、町長が代わり財政上の理由でやめたいと言っているのが町村合併でも同じ意見らしく窮地になっているらしい。
 ヘムスロイド村に足を踏み入れるともっとにぎやかな村だと思っていたが殆ど行政が力を入れていないのがよくわかる。 おそるおそる入っていくと、村の工芸師がこんにちはと元気に声をかけてくれるのでほっと一安心した。ガラス工芸、彫金、陶芸、木工、金属工房の5社があり、金属工房の石倉氏がご自分の工房を見学させてくれ、作品集も見せていただくと、日本の一流ゼネコン、一流建築家からの依頼の鐡のオブジェを作っておられ素人の私も興味、関心をひく作品集であった。石倉氏がガラス工房の東氏の工房に案内していただき、ガラスの再利用作品の説明を受けながら一つ一つの作品が本物の光があたっているようだった。見学しながら石倉氏とともに木工の中島氏もくわわり、今日本のものづくりの厳しさを聞き、行政が全く理解する姿勢が無く、諸外国のパクリにおびえる職人の世界をないがしろにしていると訴えられた。
 11月6日にオープンスタジオイベントがあるので是非立ち寄っていただきこの村を守っていくお手伝いができたならと思い村を後にした。
hemusu_convert_20110921210105.jpg

センターラインの強化。

 昔私の大嫌いなプロ野球チームが9連覇を達成した。
その時、ショート広岡、セカンド土井、センター柴田と守備の名手達がいた。ONもいたが本当に強かったのはこのセンターラインが日本一だったからだと思う。

 近頃の日本の政治はセンターラインを忘れ与野党ともエゴばっかり、国民の事忘れて良い政治なんか出来っこない。

 3.11の国民にとって大変不幸な出来事があった時、略奪、略取が殆ど無かったのは国民の行儀の良さの現れだ。天皇陛下が自分の体より国民に励ましを自らしていただいた姿勢に本当に日本人で良かったと国民皆思っている。これこそセンターラインを大切にしてきた日本人が誇るべきだと思う。

 家族でも父母に感謝し御先祖にも感謝するのが大切なセンターラインでもある。

 会社においても先人の実績に感謝し発展させる意志と感謝が大切なセンターラインだと思う。

 今地球は環境汚染され毎日何万種の絶滅種があり温暖化に苦しんでいる。地球の環境を守ることは私たちのセンターラインの強化にもつながると思う。

 そうこう偉そうに言っているが人間の体にもセンターラインがありセンターが歪めば病気になる仕組みとなっている。私は恥ずかしながら一か月前から少しの腰痛でも付き合い付き合いと体をごまかしながらゴルフ、釣りと行きついに一寸悲鳴をあげそうなのでハリ治療へいきました。太野垣さん一寸無理しすぎと30年来付き合いの整体の先生に小言を言われると同時に背筋を真っ直ぐに歩く練習をして柔軟体操をしなさいと言われました。すなわち体のセンターラインの強化です。

 近々の全体ミーティングのテーマがきまりました。

早や9月。

 もう今年も後4ヶ月。
フェイスブックで発信してからブログの更新は少なくなり反省です。
今日は朝から栄える会の繁栄祈願を行い。新たな月のスタートです。
先月、日産のセールスマン時代の先輩と久しぶりに会いました。9月といえば3月と共に自動車会社の決算月で最も売れる時期で最も尻を叩かれる月でモーレツに目つきも変えて仕事に打ち込んでいました。
 向こう3軒、両隣、飛び込み営業の基本を叩かれたのもこの先輩でした。朝一の喫茶店、昼寝の場所、色々な事を学びました。京都の左京区南禅寺近辺、宝が池近辺、比叡山等昼寝の場所には事欠きませんでしたが、今山を見渡すとナラ枯れで緑のとなりに茶色の木があり、昔此処に大木があった筈なのに住宅が建ち並んでいます。別にさぼりのブログを発信する気持ちはさらさらありませんが、今は木々の下で窓開けて昼寝は暑くてまずできません。着実に昔の気候とは違ってきています。確かに9月は残暑がまだまだ残っていましたがネクタイ、スーツはお客様訪問時には必ずしていました。高度成長期のこの頃、自動車会社は走りを基本に車を造ってきました。0から400メートル何秒で走るか、最高時速何キロか、ギアチェンジは5速か6速か、何馬力か、車のカタログのスペックはこれが一番でした。後に車の公害、光化学注意報等の問題で排気ガス規制車が続々と出て来ましたが、車は増加を続け一家に2台以上持つ家庭も珍しくなくなりました。山が開発されこんなところに山が?と思うところに家が建つようになり、山の家が高級住宅街に化けるようになり、足は勿論高級車・・・・知らぬ間に人間の欲望が地球の温暖化となってあらわれてきたように思います。
9月も以前みたいに何でも売れる時代は過ぎ去りました。環境を大切にした生き方、企業の在り方をもっと考えて事業構築をしなければなりません。
今も向こう3軒、両隣の精神は健全です。笑顔で人と接したいと思っているのですが、まだまだ感情で動き失敗する事が多々あります。成長過程ですね(笑)
プロフィール

太野垣修二

Author:太野垣修二
創美へようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スパムロボット対策メーラー
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

携帯でもみれます
QR