友人の形見。

 時代祭りも過ぎ、秋も深まりつつあり、今日の日中は20℃より上がらなかった。
仕事の途中、昨年夏急逝した親友の奥さんから家に来れるかと連絡がありおじゃました。
仏壇に手を合わし、線香をあげ、正面の写真を見た時、又走馬灯のようにガキの頃を思いだした。
奥さんがお茶を入れてくれ、殆ど来てない物だけど着てと袋を差し出されたのを見ると一寸おっさんには派手だがダウンのジャンバーだ。あいつの来てたの俺には小さいやろと着るとなんとL寸でピッタリ。形見として持ってるよりあんたに着てもらったほうが喜ぶしと言われ、ありがたくいただいた。今年の冬の釣りの格好は決まった。でかい鯛を釣り上げ仏壇に早く供えなけりゃと思うが中々時間が無い・・・・・
 一年経っての友人の贈り物でした。
ponnta_convert_20111025183159.jpg

スポンサーサイト

61歳の夜明けです。

 10月14日、61歳と・・・いい年になりました。
今日は本当に多くの方にお祝いをいただきありがとうございます。ブログ上ではございますが御礼申し上げます。
私共の株式会社創美も早や35年を迎えました。感謝申し上げます。
思い起こせば、本当に良い友達、お得意先、仕入先に恵まれ今まできました。これも両親の徳を私がいただいたものと思います。
 先日、父の故郷丹波篠山に行ってきました。たんぼ、鎮守の森、黒豆畑、栗の木、秋桜。どこを見ても都会には見られない新鮮そのものでした。フェースブックで知り合った小林泰雄さんには篠山の歴史を教えていただき、益々篠山の歴史を知りたい思いがつのりました。小林さんを見て綺麗な空気の下で育った方は汚れを感じなかった。お世辞ではなく女房も同じことを言ってました。親父の故郷・・・・・丹波篠山は最高です。 
 さて、私共印刷業界はWEBと共に曲がり角にきています。不景気の影響は否定はできませんが、あらゆる種類の印刷物が減少していまが環境に配慮した印刷物を中心にPCでのデザインは私共の武器でもあり、どのビジネスコンサルタントより多くの企業と取引をして販売促進のお手伝いをし企業の将来を任せていただいている部分も数多くあります。今後は日本の中心とは何か、商いの中心とは何か、それぞれの人の中心とは何かをお客様と考え次のステップとしたいと思います。    平成23年10月14日  太野垣 修二
ブログ夜明け
プロフィール

太野垣修二

Author:太野垣修二
創美へようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スパムロボット対策メーラー
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

携帯でもみれます
QR