秋から冬へ京の料理屋さんの模様替え。

縺ィ繧雁クゅ・繧ケ繧ソ繝シ_convert_20111130115052
 11月も今日でおわり明日から師走となります。
京都の紅葉観光は今頃おそいのですが、まだ色付いていないところも多々あり温暖化現象を感じます。
先週日曜日に京都駅の改札は観光客でいっぱいでした。京都はありがたいところですが、休みの日は車での紅葉めぐりの方が沢山おられるのですが、渋滞、渋滞で大変ですのでできたら公共交通機関での観光をお勧めします。
 しかしながら京料理はもう冬のメニューに衣替えです。上記の写真は小社の契約カメラマンパワーステーションフジキ氏が撮影、小社制作室乾君が制作したパネルデザインです。クライアント様は中京区寺町通り三条上る西側の直会
撰さんです。京都の四季の野菜を取り扱う、とり市老舗の直営ですので京野菜料理がメインです。写真は京かぶらでのかぶら蒸しです。京都にお越しの節は是非ご賞味あれ。美味しく安価で京料理の真髄が味わえます。
スポンサーサイト

海の変化

 京都もようやく紅葉の季節になり観光客も多くなりました。
しかしながら11月下旬になりつつあるもいまだに真っ赤に染まる紅葉ではありません。

 話が変わりますが、今年は烏賊が過ってない無い豊漁になっています。
私共のような釣好きは大喜びの筈なのですがそうでもありません。先日も海に行きましたが海の景色は秋から冬の海に変わってきていました。しかしながら秋の青物等が全く釣れず真烏賊は爆釣でした。もう11月中旬です。真烏賊の季節は遅くとも10月初めまでです。着実に海の中も変わってきているとしか思えません。

 地球規模で温暖化の弊害があるにもかかわらず、人間がわれ関せづでいいのでしょうか。
神が創った地球を残す為、又孫の世代に本来の地球を残す為、何らかの手立てを打たなければならないとおもうのですが・・・・・・・

一週間の独身生活!

 言い訳になりますが、フェイスブックに投稿するようになってブログの更新がおろそかになってきています。
さて今日は本当に私的なブログとなります。
女房と一緒になって丸38年、仕事も手伝ってもらっているせいか、私は出張とかで長く帰れない時があったが、女房が丸1週間研修とはいえ留守をすることがなかったので多少の戸惑いがあった。
 仕事・食事・掃除・洗濯・犬の散歩・・・みんな出来るのか・・・・・
基本的にはお互いに用事で出ていくと連絡を取らない主義。今回は一度メールがあったが私からは一切連絡は無し。私たちは慣れているのでどういう事は無い。留守の当初はどこで食事しようかと考えていたが、勤めていた会社では寮が有り食事当番では先輩の食事作りをし、きっすいの食いしん坊でもありたまに自分でおかずをこしらえていたので問題なし。子供のころは板前さんになろうと思っていたのでした。
 一日目にお客様に丹波産の高級松茸を頂き、うーん・・これはと思いついたのは松茸ごはん、焼き松茸、松茸のお吸い物・・・・結局インターネットでレシピを見ながら閉店間際のスーパーへ買出しへいくはめになったが、食いしん坊の面目があり、昆布とかつおの出汁とりから始まり夜の11時出来上がりました松茸三昧。誰もいないので自分で誉め、一人で贅沢に食べました。
 二日目は海鮮カレー。ホタテ、蛸、鱧、海老をメインに野菜を入れ完成。これもメチャ旨だったが、一人なのに作りすぎた―。友人に食べてくれと持っていったら誉めまくってくれました。
 三日目は冷蔵庫にあるもので野菜炒めをこしらえ、これもグー。
 後は富山に出張でしたので外食でした。
 色々とこなしましたが、少々お疲れモードです。やっと女房帰ってきます。完璧にこなしすぎて次又行くといいそうです。
matutakemesi.jpg
yasaiitame.jpg
kare-.jpg
プロフィール

太野垣修二

Author:太野垣修二
創美へようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スパムロボット対策メーラー
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

携帯でもみれます
QR