さびれゆく商店街の活性化は出来るのか。

商店街え
商店街い
商店街あ
 小中学生の頃の故郷の今熊野商店街だ。京都にいて別に珍しくもないが少し立ち寄る用があり車を止めて唖然とした。東大路通りの泉涌寺から今熊野まである商店街はスーパーの時代到来にせよ近辺に大型スーパーが無い立地に有り少し前まで優良商店街だと聞いていた。しかしながら休日でも無いのに半分の商店のシャッターは降りておりシャッター商店街となってしまった。
 この商店街は消えてゆく?再生方法は?広告を母体として営業している私はふと考えた。
泉涌寺に隣接したところに我母校月輪中学校があり、泉涌寺近辺は清水焼のメッカでもあり焼きものの煙突から煙が毎日出ていた。又学校はひとクラス50名以上で11クラスあったが今は2クラス若しくは3クラスと少子化の影響がもろかぶっているのが京都市内の現状であり、近辺の清水焼の工房も殆ど廃業若しくは移転しているようだ。
 しかしこの近辺は立地も良く極端に人口は減ってはいない。ただ高齢者の比率が多くなっているだけだ。
 行政はこの高齢者に目を向けなければならないのではないだろうか?車も無く近辺に買い物したくても近辺で買いたい物が揃わない状況になっているのだ。大型スーパー、ネット通販、コンビニ今の時代はこのような状態でことたりるでは高齢者は生きてゆけない。昔は8の付く日は夜店も出ていて本当に威勢がよかったし、地域の交流も多々あり横のつながりが買い物にもあった。商店のおっちゃん、おばちゃんは通学帰りにおかえりと元気よく声をかけてくれた。それが日本人のよき習慣だと思うが・・・そこら辺が商店街の活性のヒントとか・・・
 私が写メールで写している最中にグリーンの服着た二人のおっちゃんが歩いている駐車違反に目を光らしている交通巡視員だ。少しの間で買い物する事も許されない。私は思う商店街活性化の為つまらん税金使うのだったら商店街活性化の為格安の駐車場を作っても良いのではないか。商店街組合もそれは思っていてもとても今の組合費では駐車場用地の確保は難しいだろう。
 互いに声を掛け合い、安心に買い物できる商店街はもう無理なんだろうか。・・・・
スポンサーサイト
プロフィール

太野垣修二

Author:太野垣修二
創美へようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スパムロボット対策メーラー
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

携帯でもみれます
QR