京の地で仕事させていただき、住んでいる事に感謝。

 譛郁シェ髯オ_convert_20120621162337
私も物心ついた時から京都の記憶しかない京都人だ。
子供の時から近所には東福寺、寺泉涌寺、伏見稲荷大社が近辺にあり、今は桃山御陵の近所で商売をさせていただいている。
 永く京都に居住しているだけで、この年までありがたさを実感していなかった。
 しかしながら、不景気とデジタル社会の弊害で印刷業界が苦しむ中、御皇室カレンダーの販売、清水焼の陶土、京扇子、京陶人形の販売、京都で始まった独特の製本技術の印刷物の受注とWEBなどで訴えて来た環境と京都が徐々にではあるが目が出て来た。
 私は育った泉涌寺が昔から大好きで何かを考える時、参拝後に駐車場に駐車し、京都の街を見ながらあれこれ考える。実は此処泉涌寺が私のパワースポットなのだ。
 子供の頃、天皇陛下が月輪御陵に参拝され、皇太子殿下も参拝され国旗を振っていたのをよく覚えている。
今回色々新しい仕事を出来るのもパワースポットがあるからだろう。
 日々感謝。
スポンサーサイト

地元の歴史で大きな効果のホームページ。

 小社が開校以来広告宣伝全てにお世話になっている進学予備校大久保キャンパスが遅ればせながらホームページをUPさせる事になり全面的に制作からたずさわった。
 ookubo.jpg
 京都の宇治地区は京奈のベットタウンであるにせよ人口の激減地域であり、学習塾の激戦地域だ。大手の学習塾の進出も多く如何に生徒を獲得できるか、如何に生徒と父兄に満足のいく授業をして実績を伸ばすかが大きな課題だ。
 小社は以前「進々学々」と言う進学雑誌を発行していたが当時の小さな進学塾が閉校となっている塾も多く少子化に悩まされ、「個別指導」に遅れ、又安直なチラシのみで生徒募集をして失敗したケースを多く見た。チラシを制作・印刷している私共としても反省材料は多々ある。ようするに進学実績とカリキュラムの羅列だけでは生徒、親御さんは動かないという事だ。
 今回のホームページ制作にあたり特にこだわったのは当然小さな費用で大きな効果。チラシとの融合だ。しかしチラシも大量配布は環境問題があり、小さなスペース、少ない枚数で如何にホームページとの相乗効果を生み出すかであり、ホームページでも後進でありバナー広告を出す費用も無しで、SEO対策を大々的にしても大手の予備校には勝てない。
 さてどうするかで、・・・・・知恵を絞った結果のキーワードは宇治、大手の進学校出身の国語のスペシャリストの高橋講師の授業とのマッチングであった。
 高橋講師は早稲田大学出身でもあり東京大手私大、関西大手私大の問題傾向、解析には定評があり大きな実績を残している有名講師だ。
 そこで宇治は源氏物語の場であり、宇治十帖の開設を順次ホームページ上で反映さす事になった。
 この連載を多くの読者が増え、高橋先生のファンも増え宇治十帖の検索ではトップランクになり、 更新を多くのファンが待つと言う、かってないホームページとなり生徒の獲得も非常に増えている。
 小社としてもホームページの新たな戦略がみえた。
プロフィール

太野垣修二

Author:太野垣修二
創美へようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スパムロボット対策メーラー
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

携帯でもみれます
QR