秋空への想い・・・

 誰がつけたかシルバーウィーク、一寸抵抗感がある年頃となりました。笑
集中豪雨が去りシルバーウィークはうってつけの行楽日和になり、久しぶりに東舞鶴の竜宮浜から出船しました。
舞鶴市街地から海上自衛隊を超えて東舞鶴の小高い山を越えると竜宮浜の集落と漁連がありますが釣り船はここからの出船となります。
 小高い山を越えると真っ青な空に稲穂、真っ青な舞鶴湾、冠島、小島が見えます。この日は何時も観たことのない風景が広がり、車を止めてもらい携帯電話で写真を撮りました。
 一年を通してこんなに晴れ渡る日本海も少ないような気がしますし、ここにもジワリ地球温暖化の波は押し寄せてきています。
秋と冬の期間が短くなり猛暑と寒波の温度差が多くなり、農作業にも支障をきたしているようで、又、漁業にしても海水温が高くなり季節感の魚が少なくなってきているようです。私が危惧をするのはもしや黒潮の魚が舞鶴湾にきて今の魚が食べられて生態が変わってくるような気がします。事実秋に秋の魚が少なくなり、シロイカ少なくなりつつあり、冬のメダイも不魚となりつつあります。
 少しでも人間が目覚め温暖化に目を向けなければなりません。 
舞鶴湾
 
スポンサーサイト

こんなところが本当の京都

 夏から秋へ・・・・・台風、大雨で地球の温暖化の為か急に気温が低くなってきている京都です。
大雨で被災なさった方にはお見舞い申し上げます。

 さて久しぶりの投稿となりました。若いと自分では思っていましたが、35℃を連日超えていた気温から急速に寒くなってきましたが京都独特の蒸し暑さで夏バテか、身体がだるい日が続きついつい投稿がおっくうになってしまいました。

 9月になると全国の友人から京都旅行したいのでホテルを予約してとかよく言われますが、この時だけは私の知っているホテルでも言うことを聞いてくれませんし、中国人観光客だけでなく欧米人の観光客も多くべらぼうに宿泊代が上昇しています。先日私も東京のビジネスホテルでも何時もの倍を払う羽目になり、一寸腹をたてました。

 秋の京都旅行では紅葉が定番となり、東福寺、南禅寺、永観堂、嵐山方面が人気スポットですが、紅葉のついでに京都らしさを味わうのに寄ってほしいところが南禅寺のすぐ近所の地下鉄東山三条下車一本東の通りの古川町商店街です。
 古川町商店街は正直シャッター商店街になりつつあり、店主も老夫婦で営んでおられるのがほとんどですが、ポスターはじぃちゃん、ばあちゃんの似顔絵がありユニークで薄暗いアーケードの商店街では提灯があります。
 そこへゆくと店主のじぃちゃん、ばぁちゃん達が元気に京都弁で挨拶をしています。いくら商店街がさびれても元気な京都弁を聞くとホント嬉しいです。美味しい食べ物やさんもあるので是非観光の合間に行かれると本当の京都に触れる事ができます。
1古川町商店街
古川町商店街2

プロフィール

太野垣修二

Author:太野垣修二
創美へようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スパムロボット対策メーラー
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

携帯でもみれます
QR