京ことばの不思議 PART33・・・ええもん

 ①「ええもん」安おっせー。
 ②帰ったら「ええもん」あるさかい。
 ③あの役者「ええもん」良く似合いますなぁー。
 
 上記は京都で「ええもん」で通じますが、みな意味が違います。
 ①の「ええもん」は上等な物、高級な物という意味です。
 例えば陶器を迷って選んでいるとき、その器、「ええもん」でっせー。
 服を選び手で触っていると「ええもん」の手触り違いますやろ。
 と、こんな感じで使われます。

 ②は子供さんにおやつがあると伝えてます。
 「ええもん」あるし早よ帰りや。
 「ええもん」もろたし・・・・・もろたし・・頂いたという意味。これも京ことばです。

 ③はドラマでは必ずある、良い役、悪役がありますが、良い役を「ええもん」悪役をわる役となり相対的になります。
 子供の頃、あのおっちゃん悪役似合いそうやで、あのおっちゃん「ええもん」似合うでと好き勝手に言ってました。果 たして今の私の顔は・・・笑

 もう一つ、こんな会話もあります。競馬誘われて買うたら当たって1000円が5000円になったで。
 聞いた人は「ええもん」やなぁーと答えます。元手が数倍になって返るとこう言う時があります。
 
 しかし京ことばってちょっとした使い方、イントネーションで意味が全く違いますね。永く京都で住んでいますが解ら ない事まだまだあります。

 京都の梅も今「ええもん」でっせー。笑
 IMG_0316_convert_20160309104740.jpg

 ついでに創美のWEBSHOPにも、せんぐり新しい商品出して「ええもん」いっぱいありまっせ。
スポンサーサイト

京ことばの不思議 PART32・・・ほっこり

 「ほっこりしますえ」
 「ほっこりと」
 「ほっこりおしやす」
一段落すんだ。
これで安心。
ほっと一息。

 京都人は「ほっこり」とは安心、仕事が済んだ時によく使い言葉です。
 人の顔もほっこりされているのがよくわかります。

私がほっこりした時に使う珈琲茶碗です。
伊万里焼6_convert_20160308151525

京ことばの不思議 PART31・・・おおきに 続編

 古川町商店街を後にして知恩院(浄土宗 知恩院派)を前に礼をして東山通り祇園石段下へ、つまり八坂神社の前にさしかかると人が一杯、着物姿のお嬢さんも多いと思いきや、着物姿の大半は海外旅行客、うんここは何処の国やと思うくらいに外国語が飛び交う・・・近頃祇園界隈で着物姿は殆どレンタルで借りた外国の方です。レンタル衣装屋さんの前を通ると本当安い、すなわちほぼポリエステル素材のようだ。確かにポリエステルはシワにもなりにくく洗濯も簡単、プリント着物もあるんでは?しかし変な光り方をしている・・・私ども男でも変に感じる。おまけに歩き方・・・文句言ったらあきませんね・・・ただ貸す方も借りる方も、少し気配りしてほしいと思います。

 清水寺から五条通へ西に行くとようやく外国語に解放され友人が経営する陶泉窯へよると、いらっしゃーい、ようおこしと気分良く店主の谷口哲也さんが迎えてくれ、やぶ椿と言う器に宇治の煎茶をご馳走になり、京都弁、関西弁、標準語入り乱れての会話です。素人の私が見て惚れ惚れする作品も日本人のお客様が本当に少なく購入者は外国人が多いらしく清水焼の伝統も日本人に通用しなくなったのかと私も嘆きたくなりました。
「おおきに」又よってな・・・本当の感謝の言葉がこの「おおきに」にありました。

私のウォーキングアイテム(笑)
IMG_2546_convert_20160307170540.jpg

京ことばの不思議 PART31・・・おおきに

 「おおきに」だけは日本全国どこでも通じる京都の方言でしょう。しかしながら話されるは京都だけではなく大阪を始め関西全般で話されています。
 「おおきに」ご存知のようにありがとうと同意語で感謝の言葉です。
この言葉だけは花街だけではなくいたるところで使われていると言っても過言ではないでしょう。

 昨日の日曜日、春を思わす暖かさの好天でした。珍しくさしたる用事もなくリュック担いで左京から東山界隈から伏見へ散歩に向かいました。

 南禅寺を散歩するのはこの時期は珍しく観光シーズンとは違い落ち着きと趣があります。
 南禅寺散歩後、永観堂の隣に老夫婦が経営されている喫茶店で昼食をとり、マスターご夫婦とたわいのない話をして帰りに奥様が「いつもおおきに、ありがとうございます」と送ってくれました。京都では「おおきに」「ありがとうございます」の同意語を続けて言うのは珍しくありません。かえってマニュアルに沿ったありがとうございますのほうが違和感を感じる事が有ります。言い手と聞き手との相違があるかもしれませんが、そこに感謝の心が不足しているように思います。

 南禅寺を後にして三條東山一本東から下がって行くと古川町商店街があり鳥寿と言う鳥専門店があり立ち寄りました。昔から私が世話になる80歳位の老夫婦が経営されてます。この商店街も薄暗くシャッター商店街になりつつあり昔の面影は無く商店は後継者不足でやめていくのが多いらしく全国の商店街と同じです。しかしながら鳥寿ご夫婦は本当に明るく、近くの人、通学路に使う高校生にはお帰り、ええ天気やなあと笑顔と元気な声で話しかけています。お客さんがくると「おおきに何しましょ」お買い上げ後には「おおきに」「ありがとう」ここも二つの感謝の言葉が使われます。
古川町商店街に入ると経営者の顔をちらしたポスターがあります。失礼ながら若い経営者は見かけませんが、どの顔も笑顔でいっぱいです。この笑顔がきっと行政も動かし活気ある商店街になる事でしょう。
「おおきに」「ありがとう」を言って帰りました。
 散歩の続きはまだありますが明日にでも続編。

南禅寺・水路閣 3月6日
IMG_0383_convert_20160306120124.jpg

京ことばの不思議 PART30・・・おたのもうします。

 京ことばの不思議をアップしてもう30回にもなりました。たわいな内容になり申し訳有りません。
今日は「おたのもうします」と言う言葉を私なりに解説させていただきます。
「おたのもうします」とは単純な「お願いします」との意味です。
どうしてこの単語を思いついたと言いますと、私の大好きな名俳優故藤田まことの『はぐれ刑事純情派』ビデオを昨晩見ました。舞台は京都で起きた難事件をねばりと感で解決する刑事物語ですが、このテレビを見て感心するのは藤田まことが京都出身の俳優である事が変な京都弁にならず私には違和感無く台詞が受け入れられるのが一番でした。
 京都を舞台にしたドラマは多々あり、俳優も京都弁を使っていますが監督、デェレクターも悪いのでしょうか、取って付けたような言葉のオンパレードの番組がよくあります、名俳優と言われる方でも無理なイントネーションがあり聞く方もなにっと思います。方言には方言の独特なイントネーションがあると思います。
 その点『はぐれ刑事純情派』の藤田まことの演技は見事でした。
 今でも藤田まことの演技は大好きです。

渡月橋 よく出てきます。
渡月橋2_convert_20160304190631

 

京ことばの不思議PART29・・・○○はん

 今日3月3日はひな祭り。
お雛様・・・京ことばではお雛はんの日でもあります。
私の母の時代は○○はんとか名前後に丁寧に呼ぶと○○さんが○○はんとなりました。
タバコ屋はん、着物屋はん、酒屋はん、お寺はん、丁稚はん、番頭はん、文房具屋はん、電気屋はん、お茶屋はん、おうどん屋はん、お巡りはん、等々何でもはんを付けていたように思います。

 しかし今は祇園の花街ぐらいしか使用される事はないでしょう。

下記の写真は私どもがお世話になっています、金谷禄山先生のお雛はんどすえ。
img_hina_03_convert_20160303164108_convert_20160303164804.jpg

金谷先生の作品集どす、ようみておくれやす。
http://www.eshop-sobi.com/SHOP/52521/52527/list.html

京ことばの不思議 PART28・・・おきばり

 ”おきばり”は割とよく使う言葉です。
営業マンが外出時に行ってきますと言うと”おきばり”と言って励まします。
頑張ってと意味です。
私は心の中で今日は決算の最終月(創美は違いますが)やで”きばって”数字上げて来てやーと心の中でつぶやきます。
その昔子供の頃は母から学校へ行くとき”おくばり”きばっといでやーと二重に頑張れと言われたように思います。
汚い話になりますが子供の頃便秘の時は”おきばり”きばって出し(笑)もよく言われました。
どちらも同じ意味の”おきばり”・・・頑張っての意味ですが、京都弁って便利で不思議ですね。

下記の3月度エントランスポスターがLEDボードで輝いています。制作の乾が忙しい時に”きばって”制作しました。
観に来ておくれやす。
創美ポスター3月_convert_20160302184114

プロフィール

太野垣修二

Author:太野垣修二
創美へようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スパムロボット対策メーラー
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

携帯でもみれます
QR