西陣織スマートフォンケース開発秘話Ⅱ

 今、午後5時過ぎ、すっかり暗くなりました。

4時頃東寺の前を通り撮りましたが、秋も終わりのように辺りも薄暗く、空も冬の空へと

変貌、銀杏の葉も黄金色から薄暗く落葉を待っているようです。

黄昏の東寺
東寺_convert_20161130173357

 京都をぶらり歩くとシャッターチャンスはかなりあり四季、時間により風景が変わるの

も古都ならでしょう。

 iPhone5、6及びワイド発売当初はこれで機能は満たすのか、街にマッチするのか、売

れるのかとかなり不安でしたがWEBショップ、ホテル、等に展開する事により少しずつ徐

々に売り上げも伸びましたが、色々なご意見を頂きました。iPhone以外の携帯ケースは出

さないの?ちょっとこの柄は合わない、耐久性の問題、価格の問題、ありがたいことに素

直なご意見をいただきましたので徐々に製造とのやり取りをしてモデルの全く新しく、耐

久性も一段とよくなりiPhone7、マルチケースを発売するに至りました。

ゴブラン織マルチケースは耐久性も良く、どのような洋服でも似合うので一度試作なさっ

てはと持ち込まれたのが今回の作品です。

 小社のエントランスのLEDライトパネルポスターにもiPhoneで撮りました。創美ポスター11月B_convert_20161130173808

制作部 乾 誠之作



 
スポンサーサイト

古都の宿  ホテル京こまち

 西陣織のふるさとに新しいホテル京こまちがオープン。

社長の飯田社長からオープン以前よりお話を聞いていたので楽しみにお伺いしました。

京都独特の路地奥に落ち着いた町家風雰囲気の全8室のホテルでシティホテルとは全く違ったコンセプトで

オープンされたようです。ホテル内に入ると古き良き時代を感じさせる空間があり、オーナーの飯田氏が迎

えていただき抹茶をいただきましたがホテル全体とマッチした古都を大切にしたオーナーの心遣いがよくわ

かります。西陣織会館も直ぐ、京情緒溢れる上七軒も直ぐ、二条城も直ぐ。ロケーションも最高のところに

あります。京都観光にはお勧めのホテルです。
京こまち前
main_img01.jpg
京こまちフロント
main_img02-2.jpg

西陣織スマートフォンケース開発秘話

 古都も晩秋となり日が経つにつれ鮮やかさが無くなりつつあり寂しい限りです。

iPhone7で撮る古都の紅葉だよりも前回で終わりにしようかと思います。

 さてスマホケースに何故西陣織を使用したかからお話しします。遠い昔の話しに

なりますが、学校で出て営業マンになった頃、西陣織の産地に営業に行き、今の職

業についた頃は西陣、室町の具服、帯業界は大盛況でしたが昨今は和装業界は衰退

の一途を辿っていったと言っても過言ではありません。西陣織の産地に行っても機

織りの音を聞く事も少なく、室町通を通っても○○市とのイベントの看板、飾りを

見なくなりました。

 あるとき京友禅をしている友人が友禅をかばんか何かに出来ないかと相談があり

ましたがその時には浮かびませんでしたが、このブログの当初から話しているよう

に古都・四季・伝統・和装・神社仏閣・お経・ジャバラ・から何かを作り出そうと

考えてましたが、襦袢の友禅は薄くカバンにせよ作りにくいので少し瞑想するとジ

ャバラの表紙に西陣織、お経の表紙に西陣織を作っていたのでスマホケースに貼付

けたらどうなるだろうと、それこそ素人の張り付けを何回も繰り返しましたが、ケ

ースに張るだけでは高級品に見えなく手帳型の試作品を作ると便利で高級品に見え

上七軒の織匠のおばちゃんに見せると直ぐに舞子さんに見せてくれこれやったらわ

て分けてもらうと嬉しい声があったのが西陣織スマホケース作成の第一歩でした。

マツコの知られざる世界に西陣織業者が紹介され大ヒットしたようですが、第一号

で作った手帳型とは全く違い、私達の作品が売れに売れましたが、今回からモデル

チェンジもしてより進化し使いやすく長持ちするスマホケースとなりました。

iPhone7 マルチタイプスマートフォンカバー
multi_banner_top_convert_20161128115212.jpg

iPhone7で撮る 古都の紅葉だより PART8 晩秋

 関東地方では初雪情報、11月では観測史上一番早い初雪だそうで、

これも地球温暖化の現れみたいです。少しでも温暖化阻止へ生活習慣

を改めるのが急務です。

 さて京都も秋の長雨とともに暖かい気候が長く続き紅葉の色づきも

遅くなりましたが急に気温が下がり一挙に色づきましたが、色づきは

何時もの色づきより濃くなり残念です。

 下記の写真は北区の大徳寺内の高桐院ですが落ち葉も色濃く一週間

遅かったみたいですが、晩秋を惜しむ観光客が大勢おられました。

晩秋を惜しむ少女
高桐院少女_convert_20161125164948

山門
高桐院山門_convert_20161125164727

苔と紅葉
高桐院手洗_convert_20161125164914

お庭
高桐院お庭2_convert_20161125165354

お庭
高桐院お庭_convert_20161125165318

iPhone7で撮る 古都の紅葉だより PART7

 晩秋 この言葉が似合う季節です。

今日は勤労感謝の日、寒い一日です。カメラ片手に晩秋の古都を散策と思いきや、

朝の番組を観ると観光地のランキングが1位の筈が5位に落ちているらしい。

原因は有名観光地は超満員、清水寺、嵐山、東福寺、永観堂は超満員で歩くのも

ままならず、トイレも少なく、通天橋は撮影禁止・・・結局寺の事情で来てくれ

拝観料払ってくれたら早く観て去ってと思いたくなります。インタビューされた

観光客は折角だから撮影ぐらいさせよと当然の事を言っているが、観光客にも問

題ありの行動も多々ありですねサーカスまがいの撮影・・・・外人さんでしたが

マナーは守って欲しいですね。祇園の中心街は特に人気スポットで歩行者天国

でも無いのに白昼堂々と車道でポーズを撮っている外国人もあります。

 話しは変わりますが昨日お客様と食事の予定でしたが知ってる割烹等は予約で

3軒断られました。後一週間は京都は大変です。

 そんな訳で今日はどこへ行っても満員、車の移動も電車の移動も迷惑になるの

で家で骨休みです。

 下記の写真は昨日撮った宇治の紅葉の落葉です。
落ち葉_convert_20161123161458

号外 西陣織 ゴブラン織 スマホカバー ペア割引

 昼間のお天気は車の窓を開けていても心地よい気候でしたが少し曇り空でした。

私の幼少の頃の遊び場所、東福寺も観光客で一杯みたいで、東大路から九条通り

の通称タカバシは観光バスの数珠つなぎ、東福寺バス停も観光客で混雑でした。

晴れたなら今週土日は絶好の紅葉巡りとなりますが何処の観光地も一杯で車での

移動はしないほうがいいでしょう。歩くとこんな所に穴場がって驚く紅葉を見つ

けるのも京都紅葉巡りの楽しみです。

私は明日から八ヶ岳に出張ですが、紅葉は終わっているでしょうが、いい景色が

あればiPhone7で撮り又UPします。

デラックス・マツコの知られざる世界に紹介されてからアイフォン5と6はお陰

様で完売近くなり、先日よりiPhone7用とどのスマホにも使用できるマルチタイ

プを新発売し、西陣織と共にヨーロッパの香りゴブラン織スマホケースも発売し

高級感がでた、デザインが素敵、とお褒めを頂いておりましたが価格も高級ねと

お叱りの声も頂いているのも事実で消費税、運賃、素材を考えるとギリギリです

がペア割引を開始するに至りました。ご夫婦、恋人同士、お友達同士、親子で、

是非お買い求め頂き古都見物をされたらお洒落ですね。
ペア割り
ペア割り_convert_20161117192825
西陣織・ゴブラン織のハーモニー
チラシオモテ-1_convert_20161117192757
個性を大切に
チラシウラ_convert_20161117192724

iPhone7で撮る 古都の紅葉だより PART6 瑠璃光院

 三日間所用で京都の秋も撮れずにいましたが、ネットを見ていると八瀬に瑠璃光院が美

しいと聞き、仕事先の近辺で思い切って行きました。

紅葉は私が最も好きな風景で京都の奇麗な紅葉は良

く知っているつもりでしたが、幻想的、美しさ、静

寂・・・どれをとっても一番でした。

京福電鉄八瀬駅直ぐの所にありますが、車は駐車場

も少なく電車がオススメです。

今日は入るだけで小一時間かかり、入場料2,000円

ですが値打ちがありました。

会社の宣伝になり恐縮ですが西陣織のスマートフォンが似合う場所で全てiPhone7で

撮った物をUPさせていただきました。

京福電鉄八瀬駅を下車すると高野川
瑠璃光院1_convert_20161116185434

瑠璃光院山門
瑠璃光院2_convert_20161116185507

本坊前の池
瑠璃光院3_convert_20161116185545

静寂の世界
瑠璃光院4_convert_20161116185618

日本人に生まれて良かった。美しきかな、美しきかな。
瑠璃光院5_convert_20161116185651

しばし目的の写真を撮るのも忘れました。
瑠璃光院6_convert_20161116185723




iPhone7で撮る 古都の紅葉だより PART5

 昨日とうってかわり平年並みの気候となりましたが昨日の

宇治川とは様子が違い昨夜の冷え込みで紅葉もようやく紅く

染まり始めました。
ujigawa__convert_20161111164415.jpg

JR奈良線桃山近辺は明治天皇陵初め史跡名所があります。

西に徒歩5分ぐらいで伏見の銘水、御香宮があり、地元の

方の参拝は後を絶ちません。

JR桃山駅
桃山駅_convert_20161111174404

御香宮
御香宮_convert_20161111174336

JR桃山駅東へ行くと明治天皇陵、伏見桃山城と史跡名所が

ありますが時間の都合上明治天皇陵の南側に乃木将軍を奉

った乃木神社に立ち寄りました。

ようやく紅く染まり始めた紅葉が京都の風情の始まりです。

nogijinnjya1_convert_20161111163819.jpg

nogijinnjya2_convert_20161111163902.jpg

iPhone7で撮る 古都の紅葉だより PART4

 昨日の朝一番、所用で宇治川の畔まで行きました。

久しぶりの秋晴れかと思いきや徐々に曇り始め雨模様に変わりましたが、

宇治川の西側を見ると青空に虹がかかっており少し絵になるのではないか

と思いシャッターを切りました。

しかしながら桜の木、紅葉を護岸工事の為切り落としたせいで周囲の景観

元通りになってなく残念です。

さて、今日は朝夕めっきり寒くなり少し暖房が必要なくらいの気温となっ

たせいか銀杏並木が色づき始めていますので紅葉が真っ赤に色づくのも近

いでしょう。
宇治虹_convert_20161110172254

iPhone7で撮る 古都の紅葉だより PART3

今日も朝からどんよりとした空、秋晴れとはなりません。

宇治に仕事で行き紅葉は紅くなったかと平等院側から対岸の旅館を観ると少し紅く

なった木々はありましたが、まだまだ古い旅館とマッチした風景とはなりません。

本日は報告のみの投稿となりましたが秋晴れの紅葉を早くお知らせしたいものです。

宇治川_convert_20161108221854

 今月の小社ポスターは紅葉をテーマに制作したようです。早くこのような景色を。

 制作部 乾 誠之作

創美ポスター11月_convert_20161108222238







iPhone7で撮る 古都の紅葉だより2

  晴天の後曇り空とぐずついた空模様が続く京都です。

しかしながら朝夕はめっきり冷え込んできました。

北から紅葉も徐々に紅みをさしてきました。

蹴上げインクラインの歩道では美しい着物姿の女性が目立つようになってきました。
 
今日お見かけした着物姿の女性は着慣れた方でしょう。襟元、帯、髪、全体のバランスが美しく

紅くなり始めた木々とマッチし振り返りたくなる美しいお二人で思わず持っていた

iPhoneで撮りました。

平日にも関わらず南禅寺近辺は徐々に観光客が多くなり、今週の土日あたりからは古都は

大渋滞になるかもしれませんので交通情報等を確かめ秋の京都にお越し下さい。

IMG_3274_convert_20161107195118.jpg


ゴブラン織 スマホケース新発売

 11月1日、早いもので2106年も後2ヶ月になりました。
今日の京都地方は肌寒いくらいで平年並みの気温だそうです。
 今日は栄える会繁栄祈願祭の祭主として執り行い会員の繁栄を祈願しました。初めての参加者で繁昌さんと言うお名前の方が参加され文字通り皆さんとともに繁昌しなくてはなりません。
 繁昌さんと言えば繁昌している祇園の呉服の小物を取り扱っておられる会員さんからゴブラン織りの提供があり、今日又提供いただきました。


iPhone7西陣織ケースにマルチタイプ 
ゴブラン織スマホケースが新登場‼️

ゴブラン織とは、ウールやシルク、コットンを使ったタペストリーの一緒で、つづれ織りとも言うらしく、精巧で重厚な織物。初めての手触りはゴワゴワとした感じですが柄はさすがフランスの柄と感じ、生地も傷まない印象です。
からアマゾゴブラン織は、1667年、フランスのゴブラン駅近くのゴブラン工場と言う織物工場が名前の由来のようだ。ここで製作されるつづれ織りのタペストリーが精巧で、デザインが美しいことから有名になり、やがてつづれ織り自体がゴブランと呼ばれるようになった。昔、ゴブラン織は、祭具や室内装飾布、帯地などに使われていた。制作に手間と時間がかかるため、かなり高価なものだった。現代は、高彩度な個性を活用し、風景や人物、動物など、まるで絵画のように芸術性の高いものも多い。重厚な質感で、タペストリーやクッション、椅子張り、カーペットなどインテリアに使われることがほとんどのようです。今回スマホケースとして西陣織とともに業界では初めてのゴブラン織りスマホケースです。
 来週Amazonからで先行販売のちに小社WEBSHOPでも発売しますのでご期待下さい。

ゴブラン織スマホケースとこれからスマホケースに生まれ変わるゴブラン織 楽しみです。

ゴブラン_convert_20161101184851


プロフィール

太野垣修二

Author:太野垣修二
創美へようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スパムロボット対策メーラー
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

携帯でもみれます
QR