本物の京都のクラフトへの挑戦Ⅱ・・・西陣織スマートフォンカバー

 京友禅を残念したが何か京都に適した生地が無いかと思っていた時に、

丁度車で西陣帯産地上七軒界隈を通った時、ここらでは昔西陣織の機織り

の音が良く聴こえていたのを思い出し、そうだ西陣織の友人が居るのも思

い出し早速訪問して、チョット端切分けてくれないと頼むと何するのと聞

かれスマホのカバーを作ってみようかと思うと言うと即座に分けてくれ、

自分の従来のスマホカバーを解体したが足らなくなり量販店でカバーを追

加購入しながら協力者とああでもない、こうでもないと試行錯誤してやっ

と試作品完成です。しかしながら側だけに貼付けるのでは値打ちも無く、

面白くもないとメンバーからの意見・・・    次回へ
スポンサーサイト

本物の京都のクラフトへの挑戦・・・西陣織スマートフォンカバー

 小社の大ヒット作西陣織スマホケースが生まれた背景からご紹介します。

つい最近まで京都も街を営業にせよ、遊びにせよ圧倒的に車に依存してま

したが、ウォーキングを楽しむようになってからでしょうか、京都に永く

住んでいても今まで見過ごして来た風景がよく見えるのに気づきます。

駐禁場所が殆どで電車を乗り継ぎカメラ片手に(スマホで代用だ殆ど)

ですが、(笑)、あるとき京友禅を永く商売している友人が友禅をス

マホケースに出来ないだろうかと相談がありました。

友禅工場に行くと昔ながらの鰻の住みかのような長ーい機械が横たわり、

その横には今まで染めた端切と版が山積みされていて宝の山の様に思い

早速友人と試作を始めましたが、いかんせん友禅は生地が薄く耐久性が

無く不向きでした。        次回に

道徳教育って今あるのか?

 今日は少し怒っています。(笑)

歯科医院の待合室で・・・小さな待合室、子供連れのヤンママ、ヒールを脱ぎ捨てヒールは

そのまま片一方は横に、勿論脱いだ方向知らんぷり・・・後で来た小学生は靴は揃えてまし

た。ヤンママは子供の教育資格無し。

電車の優先座席ではヤンママ、高校生喋ってるか、スマホ見てるか・・・優先座席やろ、

じいちゃん、ばあちゃんに席譲ったらんかい・・・ついつい言いたくなる。

私も吸うし言いたくないが、ポイ捨て多すぎ、車の窓開けポイ、・・・ええかげんにせいや

いつも迷惑ならんよう人に気をつけ携帯灰皿に捨てる事ぐらいできないの?

教育、教育って何教えてるんでしょう。この頃煩くなくなった日教組、給料も沢山もろて、

休みも沢山有ってもう目的達したから良しと違います。道徳教育しなはれ。

ちょっと愚痴のブログ更新でした。

チラシの変革

 デジタル社会と言ってもいまだに変わらないのはチラシの世界。

朝デスクに腰掛けて一番に朝刊を読むが、印刷屋のサガかどうしてもチラシに目をやる。

どのようなチラシが入っているのか?今日はどのような業種か?デザインの良き物は?

コピーの気に入ったものはないか?

一番良く目にするのはスーパーのチラシ・・なるほど主婦目線で価格で勝負ってとこか、

家電もしかり、価格勝負のチラシはどこも良く似ている。

この時期良く見るのは学習塾のチラシ・・・20年くらい前と全く違い、少子化と実績

の違いであろうか中小の学習塾のチラシは入らなくなった。

私共の20年前に「進々学々」と言って学習塾の集合体の雑誌を発刊し、小学生5年生

高校2年生の名簿から返信付きの葉書を付けて上々のスタートをきったが個人情報が駄

目となり泣く泣く廃刊に至った経験がある。

しかしながら当時ペス教育共同体の故久保田邦義先生と出会い、個別教育の重要性と幼

児教育の重要性を教えていただきながら学習塾のチラシのイロハを教えていただいた。

当時は集合塾が殆どで個別教室に変える学習塾は利益面でする塾は殆どなかったが、久

保田氏曰くこれから少子化の時代学習塾が生き残れるのは個別教室しか無いとはっきり

おっしゃい久保田先生にコンサルタント契約された小中学習塾は見事に再生され、いま

でも学習塾のチラシを見る度、学習塾のチラシを受ける度に久保田邦義先生の先見性に

は驚かされます。感謝の限りです。
ちらし


釣り人が感じる海の環境変化

 私の楽しみ、船釣りは冬になると日本海は波が高く出船出来る日はまれです。

日本海では年中釣れる鯛は別にして夏に釣れる筈のイサキ、ヒラマサ等が冬に釣れる異変

が起きている。

双方が釣れるのは釣り人にとっては嬉しいが喜んでばかりいられなく、明らかに海水温度

が上昇している証拠でもあります。北極南極の氷が溶け出し海面上昇とともに明らかに海

が変わって来ている。釣り人のマナーはビニール袋、釣り道具の包装物は沖に持ち帰るの

が当たり前となって来ていますが、港近辺では相変わらず人間が捨てた放流物が多々見ら

れます。いくら海が広いといっても毒性の物、解けない物を解毒するには限界があります

。海を愛する物は海は人間とともにある命だと自覚して欲しい。

 先日私共にご依頼があったリアル魚拓に立派な鰤をモノクロ版です。

このような冬には冬の魚が釣れる海を取り戻しましょう。
寒鰤魚拓_convert_20170203112039

プロフィール

太野垣修二

Author:太野垣修二
創美へようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スパムロボット対策メーラー
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

携帯でもみれます
QR