京ことばの不思議 PART9 気いつけておかえり・・・

 気いつけてお帰り・・・すなわち家・職場を出て帰る迄事故が無いようにと意味です。
よく似た京ことばで”おはようお帰り”がありどちらも送り出す言葉です。
 しかし前者はよく友人宅へ遊びに迎えに行った時言われると家族の暖かさを感じます。
後者は迎えに行った者は皮肉めいた事を感じる時があります。何故か・・・あんたら寄り道せず真っすぐ家に帰りなさいと言うようにも聞こえます。

 子供には本当によくできた言葉だと思いますが、大人になると後者はどうもと思うのは出て行きしなに家から女房に声を掛けられた事のない男の僻です。

 私は営業マンとして数十年、何百社の会社を訪問しましたが、良き雰囲気の会社は玄関先を入れば直にわかります。笑顔で対応。社員皆で頭を下げる。応接で話をしているとき社員さんが帰って来ると大きな声でお帰りなさい。行く時はいってらっしゃい。行ってきます。聞いていても本当に気持ちがよい。

 社員教育をしているつもりでしてないのが、経営者。家族教育をしているつもりでも出来ていない私のような気もします。 ブログを書きながらふと気がつきました。

先日行きました丹波篠山のすすきです。
IMG_0521sd.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

特に意識せずに使っている言葉ですが、使い分けなど考えると面白いですね。
他府県の人からすると、京都の人の言葉は特に柔らかく聴こえるそうです。
他の方言に比べて耳馴染み良いかもしれませんね。不思議な魅力、京都。

Re: タイトルなし

> 特に意識せずに使っている言葉ですが、使い分けなど考えると面白いですね。
> 他府県の人からすると、京都の人の言葉は特に柔らかく聴こえるそうです。
> 他の方言に比べて耳馴染み良いかもしれませんね。不思議な魅力、京都。
かんすけさんは京都のかたでしょうか?京都弁使っていると人間穏やかに暮らせそうに思います。
プロフィール

太野垣修二

Author:太野垣修二
創美へようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スパムロボット対策メーラー
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

携帯でもみれます
QR