釣り人が感じる海の環境変化

 私の楽しみ、船釣りは冬になると日本海は波が高く出船出来る日はまれです。

日本海では年中釣れる鯛は別にして夏に釣れる筈のイサキ、ヒラマサ等が冬に釣れる異変

が起きている。

双方が釣れるのは釣り人にとっては嬉しいが喜んでばかりいられなく、明らかに海水温度

が上昇している証拠でもあります。北極南極の氷が溶け出し海面上昇とともに明らかに海

が変わって来ている。釣り人のマナーはビニール袋、釣り道具の包装物は沖に持ち帰るの

が当たり前となって来ていますが、港近辺では相変わらず人間が捨てた放流物が多々見ら

れます。いくら海が広いといっても毒性の物、解けない物を解毒するには限界があります

。海を愛する物は海は人間とともにある命だと自覚して欲しい。

 先日私共にご依頼があったリアル魚拓に立派な鰤をモノクロ版です。

このような冬には冬の魚が釣れる海を取り戻しましょう。
寒鰤魚拓_convert_20170203112039

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

太野垣修二

Author:太野垣修二
創美へようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スパムロボット対策メーラー
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

携帯でもみれます
QR