FC2ブログ

西陣織スマホケース・・愛着・・エコ

 この冬、30年前にニューヨークのゴルフ場で買ったセーターを見つけ

良く着ました。60過ぎのおっさんがケチかと思われるかもしれないがそ

うでもない。何故か・・・当然セーターの柄が未だに気に入っている事、

虫も食われていない、汚れていない、若々しい、暖かい、大切な思い出

が詰まっている等の理由です。

買った時は高価かもしれなかったが、良い物は長持ちする

 使い捨ての世の中になり、100円均一のチェーン店が多くなり、たっ

た100円だから破れても潰れても捨てたらいい?環境問題を考えた時、

それでいいのだろうかと疑問に思う。

グリーンコンシュ−マ−10の原則がある

①必要なものを必要な量だけ買う。
②使い捨て商品ではなく、長く使える物を選ぶ。
③包装は無い物を優先し、次に最小限なもの、容器は再利用を選ぶ。
④作るとき、使うとき、捨てるとき、資源とエネルギーの少ない物を選ぶ。
⑤化学物質による環境汚染と環境への影響の少ない物を選ぶ。
⑥自然と生物多様性を損なわない物を選ぶ。
⑦近くで生産、製造された物を選ぶ。
⑧作る人に公正な分配が保証される物を選ぶ。
⑨リサイクルされたもの、リサイクルシステムがある物を選ぶ。
⑩環境問題に熱心に取り組み、環境情報を公開しているメーカーや店を選ぶ。

 これらの原則を合致させるような商品を作り、製品を世に出す事で名実とも

に「地球に優しい企業」と評価される。

 高価であっても一度買えば「半永久的に使用される商品」「使えば使う程味

が出て来る商品」といった、いわゆる「年代物」が脚光をあびる。

恥ずかしながら30年前のセーターがこれに合致していて嬉しく思う。

 さて当社の宣伝になり恐縮ですが、西陣織のスマホケースは「裂地」といい

余った西陣織を再利用しております。新しい新柄も裂地となるときもあり古い

柄も裂地となることがあり「年代物は年代物の値打ち、新しい柄は新しい値打」

としてつくりあげました。先人が作り上げた伝統の西陣織とゴブラン織スマホ

ケースは味があります。

ゴブラン織り裂地
ゴブラン裂地_convert_20170412180942





スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

太野垣修二

Author:太野垣修二
創美へようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スパムロボット対策メーラー
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

携帯でもみれます
QR