FC2ブログ

笑の効用 Ⅰ

 私共の会社は朝礼で笑いの練習を行なっていますので、効果、効用について

書きたいと思います。

 先日の産經新聞にアマチュアレスリングで銅メダルに輝いた浜口京子さんの

父、京子気合いだ気合いだで有名な元プロレスラーアニマル浜口さんの記事が

掲載されていましたので紹介します。

 タイトルは重傷もリハビリ半年、復帰 笑いと気合 困難を越えるです。

気合と笑いは家族全員でぶつかったレスリング。原点をたどれば自身が試合中

に負った大けがらしい。

 35年前の試合でブレーンバスターをかけられリングに叩き付けられ、仰向

に横たわり身体が一切動かず無感覚になり「すべてが終わった」と頭を駆け巡っ

たと思い診断結果は頸椎損傷の疑いとされたが”復活”を年頭にリハビリに集中、

リングに帰れ 私は運が良かった。生命力もあった。思えばあの怪我が私の気合

と笑いの原点になったと氏は言う。リハビリの間ひたすら書物を読み「エベレス

トの頂上、その雲上超人たれ」「人間は命がけ、死に物狂いでやったらなんでも

できる」等々集中力を養う言葉はすべて書き込んだと言う。

氏は浜口京子さんがアテネ五輪で銅メダルに輝いた時に肩車をして、次の大会「

北京 北京」と笑顔で走り回った後娘へ余分な期待を抱かせ心身を壊すのではな

いかと案じ、矛盾と喪失感を感じ、緊張を解放する為に生まれた呼吸法が「笑い

」だとなり、全身にリズムを取りワッハハ、ワッハハと笑う。集中と緊張が一気

に解放され内蔵から暖められると言う。

 「超えられない困難は無い」と35年前の怪我の日からずっと感じるらしく、

リング上で目を開いたまま 身動き出来なかったあの日。右半身の違和感がぬぐ

えなかったリハビリの日々。肉体と心を合わせ、ミスも成功も気合と笑いで次ぎ

に生かす。 

 この笑いの呼吸法を広く伝え200年生きるつもりと言う。
IMG_4915.jpg


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

太野垣修二

Author:太野垣修二
創美へようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スパムロボット対策メーラー
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

携帯でもみれます
QR