FC2ブログ

笑いの効用  Ⅲ

 笑いたいが笑えない。

笑えない原因が多数あるので笑えない。

笑いは人間だけが持っている。

言葉が通じない人間同士でも笑っているのはわかる。

鏡を観て笑っている顔と怒っている顔を比較しても笑っている顔がいいに決まっている。

良い顔になりたいと思えば笑う顔になるよう練習すればよい。

一人でわっはっはと笑えば良い。

「感動、喜び、イキイキワクワクすることが、良い遺伝子のスイッチをオンにし、悲しみ

や苦しみ、悩みが悪い遺伝子をオンにする」筑波大学村上和雄先生が著書でおっしゃる。

 村上先生の著書では、糖尿病の教科書を読むと「ネガティブなストレスがかかると血糖

値が上がる」と書いてあり、発想の転換をするとポジティブなストレスの笑いならば血糖

値は下がるはず」と仮説を立て、糖尿病の専門のお医者さんに相談にいくと「笑い・・・

そうかもしれませんな。でもまともな医者はそんな実験をしない」と言われたようです。

 そこで糖尿病の専門の病院と協力して、笑いが遺伝子に与える影響について具体的な研究

のため「吉本興業」の協力を仰ぐと、漫才を聞き笑うと血糖値は見事に下がり、笑いによる

目覚める遺伝子と眠る遺伝子が見事にわかったようで、心と遺伝子の関係の関する仮説が、

けっして荒唐無稽でないとはっきりしたようです。

 何時もわっはっは 紛争も病気も無くなります。

明日23日は枚岡神社に行き高笑い

2017-owarai-shinji01.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

太野垣修二

Author:太野垣修二
創美へようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スパムロボット対策メーラー
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

携帯でもみれます
QR