G・N・O

先日、とある講演会に行った。

司会者がゲスト講師のプロフィールをパワーポイントで説明があった。

映し出されたのはG・N・O 略されたのは義理、人情、恩返しだ。

一部上場会社の副社長の講演で今も尚、中小企業の経営アドバイス、顧

問、非常勤役員と大活躍されている人物ですが、その答は

G・・・義理

N・・・人情

O・・・恩返し

古い言葉とお思いでしょうが、この言葉が今の日本に掛けているのでは無

いでしょうか?近頃人との付き合いより、パソコン等の付き合いの方がず

っと時間を費やすデジタル人間では解りにくいかもしれない。

後援者は交通事故、幾多の危機に人々の助けによって自分があるのを切々

と話されていた。一時間半の講演の中は画像は無く話しだけ!それでも誰

一人居眠りする事無く聞き入っていた。

壮絶な体験談の中、自分が今生きているのは、戦死されたお父様の遺言、

時には厳しい言葉で接するお母様の話し。人に迷惑かけるな。人に徳を与え

よ、見返りは求めるな。それだけ両親に教えられたらしい。

義理・・・人は生きている限り神様に恩があり、国に恩があり、皇室に恩が

あり、先祖に恩があり、、両親兄弟に恩があり、御近所に恩があり、学校の

先生に恩があり、友人に恩があり、生きて来た。それは忘れてはならないし

お返しする事が必要だ。与えよさらば与えられんの根幹だ。

人情・・・人と必死に接すれば必ず人情が生まれる。人情をもたなきゃ人間

として魅力の無い人間となる。

恩返し・・・生きて来た御礼は神様に、両親に、自分に接した人に、地球にも

恩返しをしたい。

実に簡単明瞭な言葉ですが、実際にその通りに生きた人間の重みでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

太野垣修二

Author:太野垣修二
創美へようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スパムロボット対策メーラー
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

携帯でもみれます
QR