江戸組紐 箸置き

 京都の料理屋に行くと清水焼、木製工芸品のお箸置きがよくある。

京都と言えば神社、仏閣、京料理。が思い浮かぶ、それぞれ共通し

て思い浮かぶのは伝統、一期一会、結び、等多数ある。

結び箸置きを発売して二年余、とある神社と料理屋さん土産物屋さ

んが認知されたのか、ようやく日が当たってきました。

何故印刷会社がこのような商品を開発するっと聞かれる。

その答えは会社のコンセプトは伝統、京都、環境、から生まれ陶人

形、西陣織蛇腹帳、西陣織スマホケース、を生み出し、本職の印刷

業から御朱印帳、お守りの表装に使った、お客様とのコラボからで

あり、全くアナログの商品が多数ですが、これこそ私達が目指すア

ナログとデジタルの融合でできた商品です。

 結び箸置きを検索した時に、東京オリンピックの招致ロゴコンペ

での作品で、”むすび”“水引”で検索した時に工業デザイナーの大御所

故榮久庵健司先生の作品がありました。

コンセプトは

そこで私は神話の時代から

日本人の中にある「結び」

の心を象徴的に使われて

いる「水引」を使って表

現しました。それが5本

の水引をリボンの形に結

び、五輪カラーにした招

致ロゴです。しかし結び

は大陸、国と国だけでは

ありません。部族と部族、

一人一人が結びあう人と

人、日本と世界、子供達

と未来を結ぶあらゆるも

のと結び合い、一つにし

たいとの願いが込められ

ています。 故榮久庵 健司先生 原文のまま


5628a778e7e87aa0b1ef39ee2d266557.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

太野垣修二

Author:太野垣修二
創美へようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スパムロボット対策メーラー
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

携帯でもみれます
QR